やっと憲法が決まり始めているネパールですが、いつもの通り反対派のバンダ(抗議活動)が活発化しています。民主主義の国なら決まったことには従わないと何も進まないわけですが、未だにこういうことしてどうにかできると思っているんでしょうか。

今回のバンダ、リングロード上の主要なチョーク(交差点)で行なわれるらしいので、本当に実行されたら、かなり交通が滞ることが予想されます。バスはもちろん、バイクでの移動も控えたほうが良さそうな感じですね。

先週のバンダの時にバスで出かけた友人はバンダに巻き込まれてストップし、結局予定の時間に目的に着くことができませんでした。身の危険はなかったようですが、リングロードでバンダをされると本当迷惑ですよね。。。

ということで、大使館からのお知らせが届いていますのでこちらにも掲載しておきます。とくに旅行中の方はまめに情報収集をすることを心がけてください。

反政府抗議活動の予定について

大使館に入った情報によりますと、与党による多数決の憲法制定作業に反対する共産党マオイスト(チャンド派)は、9日(月)、以下のとおり抗議活動を実施するとのことです。

午前11時~正午頃:リングロード上の各主要交差点に抗議活動参加者が集結(各地方からバス等を利用して動員される予定)。

その後、各交差点から徒歩でカトマンズ中心部にあるラトナパークまで抗議行進を実施。

午後2時頃:ラトナパークのオープン・シアターに集結し、抗議集会開催。

解散時刻は不明。

なお、各地から集結したバス等車両は、ラトナパーク付近に駐車する予定であり、抗議行進とこれら車両により交通に影響が生じる可能性があります。

また、抗議団体と治安部隊との衝突の可能性もありますので、これらに巻き込まれないよう御注意下さい。

上記予定は、中止・変更の可能性がありますので、できるだけテレビ等で最新の情報入手を心がけて下さい。

今日は飛行機事故でトリブバン空港は全面ストップしてましたし、明日はホーリーだし、今の時期旅行中の方は動きにくい状況ですね。くれぐれも安全に注意してネパール旅行を楽しんでくださいね。