発展途上国を旅行したり、そこに住んだりするとなると、その国のトイレ事情が気になりますよね。トイレは文化の違いが表れやすい部分だと思います。そして今の日本のトイレは世界的にみてもかなりキレイなので、発展途上国を訪れて日本レベルのトイレに出会うことはまずないでしょう。(高級ホテルとかに行けばあるでしょうけど)

インドなどもそうなのでご存じの人も多いと思いますが、ネパールの一般的なトイレには紙がありません。通常、インド人やネパール人は右手でご飯を食べ、左手でトイレ後の後始末をします。左手で、いわばハンドウォシュレット式に洗うのです。そして石鹸で手を洗いますが、左手は不浄の手と呼ばれます。ちゃんと洗ってても不浄の手。うん、何か分かる気がしますネ。

そういう習慣なので、ネパールのほとんどの家やレストランにはトイレットペーパーは置いてありませんので注意してください。使いたい人は、常に自分用のを携帯しておく必要があるでしょう。しかしネパールは下水設備や配管がきちんとしていないので、紙を流すとすぐ詰まってしまう可能性があります。洋式の水洗トイレでない場合は、紙は流すのではなくゴミ箱に捨てるべきかもしれません。確認して流すようにしてくださいね。

ただ最近のカトマンズ市内では、かなり洋式トイレが普及しています。そしてネパール式(和式)であっても、水洗トイレが多くなりました。タメルやポカラなどにある外国人向けのホテルやレストランではほとんど、トイレットペーパーが置いてあります。

 

でもネパールに住み始めてちょっと困るのは、日本ほど便利なトイレポイントがないこと。というか日本はかなり便利なんですよね、ちょっとトイレ行きたいなーと思ったらすぐ利用できるコンビニやスーパーがたくさんあるからです。ネパールではそういう所はほとんどないので、飲食の量やタイミングを考えておかなければなりません。

観光地や大きなバス停近くだと有料トイレがありますので、それを利用することもできます。一回につき5ルピーくらいが一般的です。お金とる割には全然きれいじゃないんですけどね。有料トイレに入ったら何もないただの部屋で、壁に向かって・・・というシステムの所もありました(笑)。もうちょっとこう、ねぇ・・・? 田舎にいくほど、そんなトイレが増えます。

家を借りて住む時は、トイレの配管がきちんとしているかどうかも確認したほうがいいですね。新しい家でも、住み始めてみたらトイレが頻繁に詰まるとか、水が流れないというトラブルもよく聞きます。初めて人が住む家は、そういう所が未確認でもあるので注意が必要です。新しくてきれいに見えるけど問題がいっぱいだったということは、ネパールではよくある話ですから。

ちなみにトイレ掃除に役立つアイテムもご紹介しておきますね。ネパールのお店でトイレ用の洗剤も買えますが、日本で開発されているような強力なクリーナーはないように思います。

そこで役立つのがこれ。

DSC06267

ACIDつまりクエン酸ですね。尿石も溶かすことができるので、僕も今の家に住み始める時、トイレ掃除用に使いました。ドバドバかけると独特の臭いが充満しますが、トイレはかなりきれいになって良かったです。

日本でも手に入りますが、ネパールではスーパーや専門のお店で買うことができます。うちの近所ではこのボトル一本で50ルピーです。あ、手にかかると良くないので、使う時は気を付けてくださいね。

潔癖症気味の人は、ネパールのトイレが心配かもしれません。でも住む家をよく選べば快適なトイレ環境を作れますし、カトマンズ市内に住むならハンドウォシュレットで洗わざるを得ない状況もほとんどありませんので、安心してください。

でもこのハンドウォシュレット、一度体験してしまえば、それほど気にならなくなると思います。むしろこのほうがきれいになるじゃん!と気に入ってしまう人も。ネパールに溶け込みたい人は、ぜひ勇気を持ってチャレンジしましょう。意外とやみつきになるかも。笑