ネパールで家を借りて住み始めたら、自宅でインターネットを使えるようにしておきたいものですよね。ネパールには国営のネパールテレコム(通称NTC)という会社と、民営のNcell(エヌセル)という二つの通信会社があります。そのどちらかと契約すれば、自宅にADSL回線を引いてインターネットを利用することができます。(言うまでもないことだと思いますが、光回線なんてネパールにはありません)

しかし、ネパールで回線契約するのは日本と比べるとはるかに面倒くさいです。日本では電話かネットで依頼すれば、回線工事を全部やってくれると思います。しかしネパールでは、自分でケーブルなど必要なものを買って準備しなければなりませんし、約束した工事の日付に来ないということもしょっちゅう。ネット開通するまでかなりの時間と労力が必要になります。

それに、それだけ苦労して設置したADSL回線も、何らかの事情により引っ越すことになるとまた一からやり直し。そうした理由を考慮して、僕はネパールではWimaxサービスを使っています。

Wimaxとは、専用のモデムをぽんと置くだけでインターネットが使えるようになる便利なサービスです。そのモデムとパソコンやタブレットを有線で繋ぐ場合もあれば、Wifiを飛ばしてネットを使えるようにできるモデムもあります。これならNTCの電波を受信できるところならどこでもインターネットが使えますし、面倒な回線工事なども必要ありません。毎月の使用量に制限がありますが、個人的には十分な量です。

 

では、NTCのWimaxサービスの契約方法(2015年2月時点)をまとめておきますね。

1.NTCのサービスセンターを訪れる

まずはNTCサービスセンターの場所を調べましょう。Google Mapで探すことができる人は「Nepal Telecom」で検索すれば何か所も見つかります。自宅から近い、便利な場所を見つけて訪れましょう。ちなみにNTCのWebサイトにもオフィスの場所一覧と電話番号が載っています。行ってみたら休みだったということもあり得るので、電話確認してから訪問するのがベターですね。

NTCオフィスの場所一覧

ちなみに僕は分かりやすくバイクを停めやすい、ナヤンバスパルクの近くにあるオフィスに行っています。必要なものは「パスポートコピー」と「パスポートサイズの写真」を各一枚ずつ、そして後述しますが契約に必要な「お金」です。

 

2.使用するモデムを決める

2015年2月時点で、NTCのWimaxサービスでは4種類のモデムを選ぶことができます。USBドングル、USBモデム、インドアCPE、アウトドアCPEです。それぞれどんなものかは、NTCでもらってきたパンフレットをご覧ください。

DSC06923

USBドングルとモデムはUSB接続式なので、比較的安価ですがパソコン一台にしかネットが使えません。対してCPEタイプは、有線でも無線でも複数の接続が可能です。このどれかをNTCサービスセンターで購入します。ちなみにどこかから中古を手に入れることができれば、契約し直して利用可能です。

どの機器を選ぶと良いかについては、それぞれの求める使い方によります。ノートパソコン一台だけ繋いで使うということなら、USBドングルやモデムで十分でしょう。同居人とシェアして使うのであればCPEタイプが必要です。インドアよりもアウトドアタイプのほうが電波をキャッチしやすいようですが、これは住む場所によりますので試してみるしかありません。

DSC06921

僕はインドアタイプのCPE装置を使っています。有線4台とWifi機能を備えている優れもので、今のところ問題なく使用できています。 速度は最高で1 Mbpsなのでそれなりと言う感じですが、気に入っています。ドングルが約2,000ルピーであるのに対して、インドアCPEは約11,000ルピーなので高いですけどね。

 

3.速度と一ヶ月の使用量を決めて契約する

NTCのWimaxサービスでは、インターネットの通信速度を3種類から選ぶことができます。256Kbps、512Kbps、1Mbpsです。これは最高速度ですので、実際にはこの半分の速度も出ればいいほうです。僕は1Mを使っていますが、これでYoutubeの一番画質の低いやつがほぼ途切れなく観れる、という感じです。

そして一ヶ月の使用量も決めます。定額制の使い放題ではないので注意が必要ですが、動画をたくさん観たりオンラインゲームをしまくる人でない限り、1ヶ月10GBもあれば十分じゃないかなというのが個人的な感想です。詳しくはNTCのページを参考にしてみてください。

ネパールテレコムWimax利用時の各データプランや価格

僕が使っているのは「速度1Mbps」「1ヶ月12GB」というプランです。3か月分前払いすれば「3ヶ月50GB」となり、幾らか使用量がサービスされます。1年分前払いすれば「1年202GB」になり、さらに料金も約2ヶ月分値引きしてもらえます。

利用料金は前払いになりますので、毎月もしくは3ヶ月ごともしくは1年ごとに、NTCオフィスに出向いて支払う必要があります。支払いの都度、約300ルピーの手数料も必要です。銀行引き落としやクレジットカード払いは今のところありません。NTCの携帯電話があればリチャージカードを使って払うこともできますが、今回は説明を割愛します。

 

こうして契約を済ませれば、その日からインターネットを利用することができます。自分がどれくらい使ったかは、NTCのWebサイトにログインしてから確認することができます。IDとパスワードが必要ですから、契約時にやり方を聞きましょう。かなり分かりにくい表になっていますけど、大体の量なら把握できるかと思います。

ちなみに前払いした分を使い切る前にさらにリチャージすれば、容量はそのままプラスされますが、利用期間はそこから30日とか90日というふうになりプラスされませんので、注意が必要です。

つまり例えば、最初に90日で50GBというプランに申し込み、利用から80日経った時点で、10日+10GB残っているとします。そこでさらに90日で50GBというプランを再申し込みすれば、利用期間はプラスされないので、その日からまた90日利用可になります。容量はプラスされますので、その日から60GB利用可になります。と、こういうことです。

 

ネパールで借りた家に新たにADSL回線を引こうと思うと、1~2万ルピー以上の初期費用が掛かります。大家さんがすでに使っているモデムに相乗りさせてもらうという方法もありますが、他人とシェアすると速度がかなり遅くなりますし、ちょっと調子が悪いからモデム再起動させようというのも難しくなります。なので僕的にはこのWimaxサービスがお勧めです。

できるだけ良いネット回線を使うことは、ネパールに住む外国人の関心が高いテーマです。ネパール在住者の方でもっと良い方法をご存じの方がいれば、ぜひ教えてくださいね。