日本語はもともと、音の少ない言語だと言われています。外国人からすると違う音なのに日本語で表記すると同じ字になる、ということがよくあるようです。これは日本人がどの外国語を学ぶ場合でも問題になる点です。しかし逆に言えば、この音の違いに慣れてくれば、ネパール語は比較的習得しやすい言語だと言えます。

少し前にこのブログで、ネパール語には「母音がない、半音」があるということを書きました。日本人にはピンときにくい概念ですが、母音があるかどうかはネパール人にははっきり分かるものですので注意が必要です。ではもうひとつ、日本語にはないネパール語の特徴を考えてみましょう。

 

●ネパール語には『有気音』と『無気音』という違いがある

有気音とは息を吐くような音が混じっている音のことです。たとえばネパール語の『क』は無気音で、息を吐く音を出さないように「カ」と発音します。一方『ख』は有気音で、息を吐く音を足して「カハァ」という感じで発音します。

気を付けるポイントとしては、「カ」と「ハ」と「ア」の音を順番に言うわけではありません。カ+ハァをミックスさせて発音することが必要です。「カ」と言うと同時に息を吐くハァという音も聞こえていなければならないのです。

日本語にはそんな音はないから分かりにくい!と思いますか?でもじつは、日本人も無意識のうちに有気音も無気音を使っているんです。表記すると同じになるだけで、じつは有気音も無気音も発音することができます。

たとえば「カカオ」という言葉、日本語にすると同じ「カ」の音を連続して発音していますが、じつは、これを聞いたままネパール語にすると違う字になります。「カカオ」の最初のカと2番目のカ、どっちが有気音でどっちが無気音になるか分かりますか?

カカオをネパール語にすると『काखाऒ』となります。つまり最初のカが無気音、次のカが有気音になっているのです。ほとんどの日本人が意識せずにしゃべると、自然とそうなります。カカオの2番目のカの時、かすかーに「カハァ」となっているのが分かるでしょうか。それくらい微々たる違いですが、この息を吐く音があるかないかで、ネパール人にとっては違う文字になるのです。

ちなみに「ジャジャ馬」「ガガーリン」「たたかい」など、同じ音が連続する単語の場合、大体2番目にくる音が有気音になります。意識せず標準語として発声するとそうなるはずです。

ネパール人にとっては発音は易しいのでかすかな音でも違いがはっきりしますが、日本人が発音する時は、この有気音をはっきり出すようにすると通じやすくなります。ネパール語学び始めのころはとくにそうです。

ネパール語全体で見ると、有気音より無気音のほうが多く使われています。ですから時々でてくる有気音を意識して発音すると、ぐっとネイティブっぽいネパール語になります。たとえばこのブログでもよく出てくる「カナ」や「カジャ」と言う言葉、この最初のカはどちらも有気音です。

  • ごはん=カナ『 खाना 』
  • おやつ=カジャ『 खाजा 』

軽く息を吐くように「カァナ」「カァジャ」と発音してみてください。小さい「ァ」の音は、ハァに近い感じで、はっきりとは発音しないように気を付けてくださいね。

日本人はふだん、何となく雰囲気で、無意識のうちに有気音と無気音を使い分けています。この違いを理解し、ネパール語のつづりでどうなっているかを踏まえて聞いたり話したりしていけば、だんだんきれいなネパール語になっていくと思います。

簡単な日常会話や基本的な単語のつづりを学ぶためには「旅の指さし会話帳」があれば十分です。ネパール人相手に単語を指さしながら発音してもらえば、有気音無気音の違いも聞き分けられるようになっていきますよ!