ネパールでは色んな種類のマサラが売られていて、日常的に料理に使われています。ダルバートのおかずも含め、マサラを使って料理するば何でもカレーだと考えられるようです。あ、ネパールっぽく言うなら、カレーじゃなくてカリーですね。

うちの近所のスーパーでも、こんなふうにしてマサラが販売されています。ターメリックとかクミンとかが粉になっていることもあれば、「チキンカリーマサラ」みたいに、イイ感じに配合された状態のマサラもあります。

IMG_20141203_113502

こういうマサラを幾つか買っておいて料理に使っていくわけですが、ネパールではよくマサラ専用容器(たぶん)に詰めかえて使われています。僕もネパール人の真似をして買ってみました。

じゃじゃーん。

DSC06145

うむ。ネパールっぽい!

うちのマサラたちですが、上の写真の真ん中がターメリック、左が白コショウ、右上が唐辛子です。あとは忘れました。笑 確かチキンカリーの素みたいな、そんな便利な感じのマサラだったと思うんですが。

このようなマサラを使ってカレーを作ると、いかにもネパールっぽいカリーが出来上がります。でもそれはそれで美味しいんですが、やっぱり日本人が好きなのは、どろっとした日本風にアレンジされたやつですよね。

というわけで、日本ではカレールーを使ったカレーしか作ったことがなかった典型的な日本男子の僕ですが、最近はネパールにある材料を駆使して、どこまで日本人好みのカレーができるのかチャレンジしています。もちろん日本から持ってきたカレールーは使わずにね!

ネパールでちょっと困るのは日本酒が手に入りにくいこと。料理にも使いたい場面がたくさんあるんですけどねぇ。なのでちょっと贅沢ですが、僕はワインを使っています。カレーを作る時は、まず鶏肉を赤ワインに漬け込んでから投入。すると味も深みが出ますし、肉も柔らかくなってる気がします。実際はどうなってるか分かりませんが、カレーに赤ワイン使ってるよ!というだけで美味しく感じられるからあら不思議♪

野菜を炒め、ワインに漬け込んだ肉を入れ、水を足して灰汁を取りながら煮込んで・・・と基本的な手順は同じだと思うんですが、問題はカレーそのものの味付けです。ターメリックなどマサラを少しずつ加えつつ、何度も味見をして調整していくんですが、やっぱりマサラだけだと何というかまろやかさとか深みが出ないんですよねぇ。

そこでうちにある調味料を全部駆使して味を調えることにしたんですが、でもこれがまた難しい! オイスターソースを入れたらまろやかさと旨みが出て良かったんですが、マサラの風味が弱くなったので再びマサラ投入。そうだケチャップも入れると美味しいかもと思ったのでそれも加え、まろやかさと言えばハチミツか!とも思い付きそれも入れ、ちょっと甘くなりすぎたので再びマサラを足して・・・と色々やっているうちに、だんだん自分がどこへ向かっているのか分からなくなり・・・笑

どうすっぺどうすっぺと悩み続けた僕でしたが、でもそこで、以前ある雑誌に書いてあったことを思い出したんです。それは「わたしたちがどこに向かっているかを知るには,わたしたちがどこから来たかを知らなければなりません」という言葉。なぜか分かりませんが、この言葉が降りてきた!

そこからヒントを得た僕はぴーんときました。そう、ここはネパールだけど、僕は日本風カレーを食べたいと思っていたんだと!日本の味に近づけたいなら、日本の調味料が必要なんだと!

というわけで、幾らかの醤油を投入。そうするとぐっと理想の味に近づきました。まぁでも、やっぱり何かおかしかったのでまたマサラを足したんですけどね。笑 そして、ひとしきり家にあるものは入れちゃったし、もう他にどうしようもないので完成ってことで手を打ちました。大人なら妥協も必要です。ネパールならなおさらです。

そんなこんなで、ネパールで初めて作った日本風カレーがこれです! 記念に写真撮っておいたんですけど、ちょっと光の加減が良くなかったかな。。。

DSC05811

カレールー使わずに作ったんだよ!カレールー使ってないんだよ!とアピールしながら同居の友達に食べさせたら、えらく褒めてくれました。笑 でも自分で言うのもなんですが、ほんとに美味しかったんですよ? ちなみにちゃんと小麦粉でとろみをつけてあります。

わりときれいに撮影できたバージョンがこちら。マサラとか調味料の配合が適当なので、毎回味が違うのがミソですね。まさに一期一会の味。

DSC06168

ただこれをネパール人の友達に食べさせると、「甘い!」と言って唐辛子粉と塩をガンガンにかけて食べていました(笑)。いや全然甘くはないと思うんだけど。やっぱり味の好みの差って、けっこうあるもんですねぇ。カレールーを使わない、日本風カレーの美味しい作り方、どなたかコツをご存じでしたら教えてくださーい。