ネパールで生活していると、日本で食べたことがなかった食材に出会う機会がたくさんあります。ネパール語でイスクスというこの野菜もそうです。初めて見た時は「なんじゃこりゃー」っていう感じだったんですが、知ってますか?

DSC05912

そう、僕が見たことなかっただけで日本にもある、隼人瓜です。ネパールにはおもしろい野菜があるもんだなぁとか思ってたんですけど、ちょっとネットで調べたらはやとうりを使った料理のレシピもいっぱい出てきました。でも日本全国にあるってわけじゃないですよね?四国にはないよね?四国の人は知らなかったよね?ね?

味のほうですが、瓜だけど風味と食感はじゃがいもみたいな気がします。ネパールではカレーに入れたり、炒めておかずにしたりと、割とポピュラーな食材です。

このイスクス、友達が幾つかくれたので最近自分でも料理してみました。何人かにカレー以外の調理方法を聞いてみたんですが、塩コショウとバターで炒めるのが美味しいよ!とのことだったので、そのやり方で作ってみました。

それがこちら~。

DSC06143

うーん、写真で見るとあんまり美味しそうじゃないかなぁ。ご飯のおかずにはちょっと物足りなかったかも。そうそう肉も欲しかった! ケチャップは、写真撮る時に何となく彩がほしかったので足してみただけです。笑

でもイスクスそのものは美味しかったです!今回は塩コショウ&バターで食べましたが、醤油&バターでもイケそうな気がしました。じゃがバターが好きな人は、イスクスも好きなんじゃないでしょうか。ただこうなると、ご飯のおかずというよりは酒のつまみみたいな。

 

さてこの機会に、最近覚えたネパール語の、野菜や穀物などをまとめておきます。そろそろデバナガリで書けるようにならないとなぁと思いつつ、ひとまずカタカナ表記で。

  • しょうが  → アドゥワ
  • にんにく  → ラスン
  • かぼちゃ  → ファルシ
  • 大豆    → バトマス
  • 小麦    → ガフン
  • ひえ    → コド
  • ほうれん草 → パルンゴ
  • 油     → テル

ボキャブラリーを増やすだけでなく、デバナガリ文字のスペルも覚えていかねばですね。がんばります。