ネパール国内をうろうろしていますと、けっこう学校の数が多いことに気づきます。田舎のほうの数十件の集落にも学校があったりしますので、子どもの数は多いようですね。日本とは違い人口が増えている国ですから、比例して学校の需要は高まっています。

この写真も、わりと田舎のほうの学校の休み時間の風景です。

IMG_20141210_094009

バスケットを楽しむ子どもたち。ネパールの学校は全部制服で通うことになっているようです。学校ごとの特色があっておもしろいですね。

進級システムはけっこうシビアで、1年生から10年生まで毎年進級テストがあり、赤点だと次のクラスに進めません。1年生から留年するということもあり得るわけで、卒業の歳はけっこう違うようです。年上の同級生がいてもあまり気にならないようではあります。

写真の左のほうにある看板は、成績上位生徒の顔写真です。どの学校でも優秀な生徒はこうやって目立っていきます。本当の意味でモチベーションアップにつながっているのかというと疑問ですが。幼いころから勝ち組・負け組が別れていくような気がしますよね。

カトマンズ市内にも公立・私立それぞれの学校がたくさんありますが、住む場所に関係なく通う学校を選べるそうです。学校ごとに何となく序列もあり、○○学校に通っている!ということがステータスになっていたりもするんだとか。私立の学校では授業すべてを英語にしているところもあり、教育レベルもまちまちのようです。先生の質もかなり開きがあると聞いています。

発展途上国が発展していくには、教育が不可欠。授業内容を聞いていると、詰め込み暗記型の教え方をしているようで質は高くなさそうですが、だんだん教育に対する評価が上がっていくといいなと思いました。一昔前だと、卵一個分の授業料を親が払ってくれなくて退学するというケースもかなりあったそうですからね。

授業時間は学校によって違いますが、大体朝10時からスタートが多いようです。午後1時くらいになるとランチタイムですが、お弁当を持ってくる子は少なく、大体近くのお店にカジャを買いに行きます。給食を提供しているところはあるのかなぁ、僕は聞いたことがありません。あ、カジャと言っても5~10ルピーのお菓子だけってことも多いですね。栄養は不足気味だと感じます。

ネパールの子どもたちは本当に純粋で素直で、この子たちがのびのび育ってくれることを願ってやみません。僕は教育ボランティアのお手伝いをしていますが、少しでも貢献していけたらと思います。