ネパールのカトマンズ市は、冬になっても気温がマイナス以下になることは基本的にありません。そして日中はけっこう日が照って暑くなるため、冬でも暖房器具なしで大丈夫かなと思っていました。ユニクロのヒートテック持ってきてるし、何とか乗り切れるかなと!

でもやっぱり、最近の朝晩の寒さは耐えがたくなってきまして。だんだん家の中でもダウンを着たり、毛布をかぶって過ごしたりするようになってきたため、もういっそ暖房装置を何か買おうと決めました。

ネパールでもバトバティーニなどに行けば電気ストーブ、ガスストーブ、灯油ストーブと色々売っています。でも電気のは停電時にバッテリーに負荷がかかるし、ガスや灯油のは燃料費が高くなりそうだし・・・

と迷ってなかなか決められなかったんですが、せっかくなのでネパールっぽいものにしようと僕の中で話がつきました。そして買ったのがこちらです!

じゃじゃん。

DSC06051

ネパールっぽいでしょ?笑

この暖房器具(?)は「ククリラム」と言いまして、ネパール産のラム酒です。夏は夏で、コーラで割ったりバナナラッシーに混ぜて飲んだりしてさわやかさを提供してくれる優れものですが、冬は冬で、冷えた身体を内側から温めてくれるすごいやつなんです。

サイズは3種類くらいかな、今回買ったこれは375mlで、450ルピーでした。何軒か酒屋やスーパーを周り、あっちのお店はこの値段だったよ!と言って交渉して買いました。でも以前はもうちょっと安かったような。

冬はこのククリラムをシンプルにお湯割りにして飲んだり、チヤに混ぜて飲んだりしています。日本ではラム酒を飲む機会はほとんどなかったんですが、ネパールで飲んでみると意外にウマイ!と嬉しい発見でした。

ネパールの冬はちょっと厳しいですが、こんな楽しみもあるんですよね♪