今日は日曜日。日本の皆さんは週末なのでゆっくりされているか、もしくは週末だからこそ忙しくされているか、どちらにしても日曜って特別な予定がありますよね。世界のほとんどが、日曜が休日だと思います。

ところがネパールでは、日本の日曜に相当するのは土曜です。つまり週末とは金・土を指し、日曜日は平日扱いになっています。僕が部屋で使っているネパールのビクラム暦のカレンダーではこうなっています。

IMG_20141130_084910[1]

ちょっと見えにくいかもしれませんが、本日2014年11月30日は、ネパールでは2071年マァンシル(6月)14日です。カレンダーの一番左の列が日曜で、一番右が土曜。土曜の列だけ赤くなっていますよね。

というわけで、ネパールの一般的な官公庁、銀行、学校などは土曜が休日。日曜は平日なので開いています。お店は休みなしのところも多いですが、休むなら土曜が休みになります。

ただちょっと注意が必要なのは、大学や一部の銀行は土日が休みになっているなど、欧米化が進んでいる部分もあるということです。何かの手続きがある場合、日曜は開いているのか休みなのか確認したほうがいいようです。

ちなみに西暦の年末年始も平日です。ネパール独自のティハールやダサインなどのお祭り時期には国全体がお休みモードになる一方、西暦の元旦は普通に官公庁もお店も開いています。欧米化の波が進んでいるので、一部ではクリスマスやニューイヤーを祝う人もいるようですが。

今年もあと1ヶ月ほどですね。ネパールの時間はゆっくり流れている気もしますが、振り返ってみるとあっという間。有意義に時間を使わなきゃな。。。