前の記事でチャウチャウが主食だみたいなことを書いたら、ちゃんとしたものを食べているのか心配されましたので、自炊料理の一例をご紹介しておきます。独身一人暮らしなのでどうしても面倒になっちゃいますが、自分で料理することもあるんだぜ?

少し前にバトバティーニでセールをしていたので買っておいた缶詰。先日これを使ってネパリカリーを作りました。ネパールには海の魚がないので、冷凍ものか缶詰しか食べる手段がないんですよね。冷凍サーモンとかもあるにはあるんですがすごく高いので、魚を食べたくなったらとりあえず缶詰です。

IMG_20141026_190250

この時はこのROZAという会社の缶詰が、2個買うと1個おまけでついてくるというセールをしていたんです。せっかくなので3種類買って試してみることにしました。

IMG_20141026_190454

開けてみると中はこんな感じ。なぜ唐辛子を入れるんだ・・・

ネパールにもサバの味噌煮缶とか、イワシの蒲焼缶とかあったら最高なんですけどねぇ。そこまでは期待できないものの、それなりの味付けではあります。唐辛子は個人的には必要ないので、オイスターソースや醤油を駆使して何とか風味を変え、この缶詰をベースにカリーぽく仕上げようと努力しました。

 

そして出来上がったのがこちら!

じゃじゃーん。

DSC05105

「気まぐれシェフの、たまごとマチャ入り野菜ごった煮カレー」

 

見た目はアレですが、なかなかの味でした。と、一緒に食べた友達が言ってくれました。彼の意見では、唐辛子が入っていたのが良かったそうですけどね。消えてなかったか、唐辛子。笑

友達が遊びに来てくれると、ご飯作ろうかなって気になりますね。一人だと、作る手間・片づける手間・材料代やガス代などを考えてもあんまり得じゃないので、どうしても外食が多くなってしまいます。近所のお店ではダルバート50ルピーなど、一食100ルピー以下で食べれますからね。。。

でも外食だと決まったメニューしかないのでだんだん飽きてきますし、栄養のことも考るべき。そしてネパールのレストランでは基本的に日本米がないので、ふっくらしたご飯を食べたいと思ったら自分で作るしかない。なので自炊もがんばっているのです。

ネパリカナもそれ以外も、いろいろ挑戦していきますね!