カトマンズ内での移動、比較的近い街への移動などは、バスやマイクロ、テンプーといった乗り物を活用します。ネパールではバスの整理券のようなものはなく、運転手もしくは、カラッシ―という車掌さんみたいな役割の人に料金を支払います。それぞれの乗り方と注意点を見てみましょう。

バスは一応バス停を目印に、決まったルートを運行しています。道を歩いている人やバスを待っている人を見かけると、進行方向を連呼してくれます。タメル方面行だったら「ターメルターメル!ターメルターメルターメル!」みたいな感じです。一度に複数の地名を言うこともあります。

IMG_20140831_121306

バスに手をかけているのがカラッシ―の少年。おじさんもいますが、10代前半くらいの子たちも働いています。ほとんどの場合、初乗りが15ルピー。以後距離によって5ルピーずつ上がっていきます。お金は降りる時に支払います。ちなみに上の写真のヒンズーの修行僧は最初からタダ乗りするつもりだったらしく、降りる時に揉めていました(笑)。

IMG_20140831_121236

マイクロの場合も同じです。マイクロは外見を見ると8人乗り用の乗用車ですが、時には20人以上が乗り込むこともあります。カラッシ―はとにかく来るもの拒まず。物理的に入る人数だったら全部押し込んでくれます(笑)。日本の満員電車と同じです。僕が見かけた最高乗車人数は28人です!

マイクロは初乗り10~15ルピーくらい。地域によって差があるように感じます。近距離運行のものなら10ルピーで行けることもあり。

IMG_20140831_121200

テンプーにはカラッシ―はおらず、運転手にお金を支払います。料金は初乗り10ルピーが基本。スピードも遅いですし狭いので、近距離に向いています。

3種類の乗り物の違いですが、バスがちょっと値段が高いというくらいのものです。なので広くて乗り心地がいいバスを、僕はよく利用しています。ただネパールのバスやマイクロはお客さんをたくさん乗せたいので、乗客が少ない場合は人通りの多い地点でしばらく停まることがあります。なので結果的にマイクロのほうが早く目的地に着くことも。でもこれは運転手のさじ加減ひとつなんですよね。ちょこちょこ休憩したい運転手もいれば、狂ったようなスピードでとばす運転手もいます。

 

僕はネパールに来てすぐのころ、ある区間バスに乗ったら30ルピーだと請求されました。高いんじゃないかと抗議したんですが、この区間はそうなんだと言い張るのでその時は払ったんですが、やっぱりおかしいと思い、次同じ区間に乗った時20ルピー札だけ出したんです。するとすんなりOK! おいおいやっぱり騙したなあのカラッシ―!

しかし話はそれで終わらず。。。何度かその区間を20ルピーで乗っていたんですが、ある時いつものように20ルピー札を出すと、5ルピーお釣りをくれたんです!ええ?と思ったら、どうやらその区間の正規料金は15ルピーだったよう。なんてこったい!何度も払い過ぎていたとは・・・。

ネパールのバスやマイクロには、相手が外国人や地方から来た人だと思うと騙そうとするカラッシ―がいます。強く要求しないとお釣りをくれないこともあります。ただ客のほうも、自分が乗った区間をごまかして安くさせようとすることもあり、騙されるくらいなら騙してやろうという感覚もあるのかも。乗客が多いとすべては把握しきれないので、料金払う時に、どこから乗った?とか聞かれたりしますからね。

料金がいくらになるの知らない場合は、とりあえずテンプーなら10ルピー、バスやマイクロなら15ルピーを出しましょう。細かいお金がない場合はお釣りを要求します。1時間くらい乗っても、20より高くなることは滅多にありません。

そんなしょっちゅう騙してくるネパールは怖い!とも思うかもしれませんが、でも払い過ぎた外国人にちゃんと教えてくれる人、正直なネパール人もたくさんいます。僕もバスの正規料金を教えてくれカラッシーに感謝でした!良い人も悪い人もいるのは、日本もネパールも同じですね。