※ネパールの観光ビザ取得方法・入国時の手続きについて、この記事よりも詳しく書いた記事が『ネパール入国時の観光ビザ取得の具体的な手順と、日本で準備しておくもの(2016年1月情報)』です。こちらのほうが新しい情報ですので、確認なさるようお勧めします。


 

先日ネパールで観光ビザを延長する時の方法を書きましたが、オンラインシステムについて質問がありましたので、もう少し詳しく書きたいと思います。これは延長の際だけでなく入国時にも利用するものですので、今まで紙で申請書を書いていたという人はご注意ください。(飛行機の中で配られる入出国カードとは別です)

オンラインシステムとは、要するにインターネットを使って申請することです。事前に自宅のパソコンからでもできますし、当日空港やイミグレーションに設置されている機械でも可能です。やることは一緒ですが、空港やイミグレ内のものは混んでいると待たされるので、事前に申請しておくのがお勧めです。

2014年11月現在、空港にもこのような装置が導入されています。

DSC03128

入力内容は、今まで紙の観光ビザ申請書に書いていた内容と同じです。名前や生年月日、パスポート番号やその期限などを入力します。ネパールでの滞在予定地なども記入する必要がありますが、はっきり言って適当でOKだと思います。迷ったらTamel,Kathmanduと書いておけば大丈夫でしょう(でも自己責任でね!)。もちろんホテルを予約しているなら、その住所になります。

DSC03129

使い方が分からなければ、その辺をうろうろしている職員を捕まえて教えてもらうこともできます。パスポートと航空券、予約したホテル情報のメモを見せれば、代わりに入力してくれることも。ただ人が多いと待たされることになります。

 

まとめてみますと、ネパール旅行の観光ビザ申請手順以下のようになります。

1.日本に居る間にオンライン申請する
ネパールツーリストビザのオンライン申請

2.入力後、申請書をプリントアウトして持っておく

3.ネパール到着時、ビザ代、パスポート、入出国カード、印刷した申請書を持ってカウンターへ

 

事前にオンライン申請しなかった、もしくは印刷した紙をなくしてしまった場合は、空港到着後、そこにある機械を使って申請書を作ります。入力完了すると自動的にバーコードの入った紙が印刷されますので、それを持ってカウンターに行きます。

オンライン申請は、一度申請すると14日間有効です。出発まで2週間を切ったタイミングで入力し、それを印刷してパスポートと一緒に持っておきましょう。