僕の友人にミタイ職人がいるんですが(ミタイとは、ネパール風の甘い系お菓子全般のこと)、先日もまた新作を作っていたので食べさせてもらいました。

ネパールにはドーナツや、ドーナツに似てるセルというお菓子(米粉で作ります)などがあるんですが、『ガジャ』というこれまたドーナツっぽいお菓子があるようです。この間食べてきましたが、なかなか美味しかったのでご紹介しますね。

まずサクサクの生地で作ったドーナツ状のお菓子を、砂糖入りのお湯に浸けます。

このようにする前から、サクサクしてけっこう美味しいんですけどね。ここから一工夫して、『ガジャ』というお菓子になるんだとか。

大体1分くらいでしょうか、あまり水分でべたべたにならない程度、少し砂糖がしみ込む程度に茹でで引き揚げます。

そしてココナッツパウダーをまぶして完成!

このガジャが、なんだかミスドにありそうななさそうな食感で、美味しかったです。砂糖漬けにしてあるので、けっこう甘かったですけどね。

オールドファッション的な・・・と言うと言い過ぎなんですが、クッキーぽい食感の生地がお湯に浸けられることでちょっとしっとりして、そしてココナッツの風味がうまくマッチして、ミスドっぽいと言えなくもないような。なんかうまく説明できないですが。

僕はカトマンズでは見たことなかったですが、ミタイパサル(お菓子屋さん)で手に入ることもあるようです。個人的にはもう少し甘味を抑えてもらえるといいなと思いました。もしくは苦めのコーヒーと一緒に出してもらえれば・・・。

ネパリ菓子の中ではアタリだと思いますので、興味がある方はよかったら探してみてくださいね!