ネパールではけっこうバスなど公共交通機関が発展してきていまして(でもさすがに電車や地下鉄なんてものはないですよ)、カトマンズでは自分の車やバイクなしでも十分生活していけると思います。

でも、バイクがあると本当便利です!ネパールはここ数年急速に交通量が増えて、がんばっていると思うんですが道路整備が全然追いついていない状態です。そして都市計画もずさんなので、うまく車が流れるようになっておらず、狭い道もたくさんあります。また、基本的に信号がありません。

それで、バスやテンプーでの移動はカトマンズ市内でもけっこう時間がかかります。タクシーでもそれほど早いわけではありません。なのでネパール(特にカトマンズ)では、バイクがあると移動がすごくスムーズになるのです。

ということで僕はネパールでは主にバイク移動しているんですが、じつはネパールでバイクを買うのは全然難しくありません。と言っても、中古車は手続きが面倒くさくて、役所手続きを代行してくれるお店で買うのがお勧めではありますが。新車なら、早ければその日のうちに自分のバイクが手に入ります。

ネパールでは自動車やバイクは輸入品で、外国メーカーがたくさん進出しています。日本のホンダやヤマハ、スズキなどもあり、やはりなじみあるメーカーのバイクだと安心して買える気がしますね。

新車のバイクを買いたいなら、こうしたメーカーの展示場に行くか、フランチャイズ契約して展開しているバイク屋さんに行きます。

買うバイクは同じものなので、僕は単純に近所のお店に行けばいいんじゃないかと思います。直営店舗のほうがしっかりしてて安心という考え方もあるかもしれませんけどね。修理やメンテナンスは買ったお店だけでなく、同じメーカーの看板を掲げている他のお店でもできます。

ちなみに僕が買ったのはBAJAJというメーカーのAvengerというバイクです。BAJAJ製のバイクの価格はこのようになっています。

僕はバイクには詳しくないので、乗り心地がいいことと、今の家の近くにBAJAJのお店があってメンテナンスを受けられることを理由に選びました。買ったのはカトマンズのお店なんですが、うちからバイクで3分で行けるところにもBAJAJのフランチャイズ店がありましたので。

ネパールで外国人がバイクを買うために必要なのは、以下のものです。

  1. パスポート
  2. ノーオブジェクションレター
  3. パスポートサイズの写真3枚
  4. バイク代
  5. 初年度1年分の税金
  6. 保険代

なんと免許証の提示は求められません。ゆるいというか何というか。ちなみにネパールにはレンタルバイクのお店もたくさんありますが、バイクを借りる時も免許証の提示は必要なく、パスポートが確認できれば貸してくれます。観光客にもそうやって貸すことが許されているわけですが、ネパールの免許なしで運転していて万が一事故に遭ったりしたら大変なので、おすすめはしませんけどね。

新車で買う時は手続きは全部お店がしてくれて、初年度の税金支払い、名義登録(ナンバープレートの取得)、保険申し込みもやってくれます。一番高い保険プランで9,000ルピーほどです。盗まれても、友だちに貸して事故されて全損しても全額補償ということで、僕は一番高いプランにしました。

僕がバイクを買った時は、カトマンズの友だちの家から一番近いお店に行ったら、店長が友だちの友だちということが分かって話が弾み、1時間ほどで手続きして次の日には納車してくれました。まず手書きの仮ナンバープレートが付けられていて、1週間後に正式なものを付けてもらいました。

ネパールでは時々検問で運転免許証共に、ブルーブックと呼ばれるバイクの所有者や税金支払いについて書いてある手帳を提示するよう求められることがあります。なので、常時ブルーブックも携帯しておく必要があります。

新車は中古車と比べてやはり高額ですが、僕はバイクに詳しくなくて良し悪しを見分けられないので、てっとり早く新車にしました。中古バイクは2~3万円くらいから買えますが、前の持ち主が税金を払ってなくて後からその分も払わなければいけなくなったり、順番に色んなパーツが故障して交換が必要になり、買ってから1~2年で結局数万も修理代がかかった話も聞きます。

個人的な意見ですが、ネパール人は全体的にむちゃな運転の仕方が多いのでバイクのパーツも消耗しやすく、道路も悪いので故障が多いです。中古バイクは程度の良いものは少ないので総合的に見て新車が安心で、コスパもいいのではないかと思います。新車は定期メンテナンス(走行距離に応じたオイルやパーツ交換)も無料で受けられますし、必要なくなったら売れますしね。

バイクの修理は特定のメーカーの系列店だけではなく、町のバイク屋さんでもできます(その場合、純正品を使用されるとは限りませんが)。よく洗車もしてもらうんですが、手洗い&ワックスで、50~100ルピーくらいです。上の写真は僕のバイクを洗ってもらっているところ。若い男の子が洗ってくれて、50ルピーでした。

このように比較的簡単に買えてしまう新車バイクですが、やはりネパールでの運転は、ネパール生活に慣れてからをお勧めします。でこぼこ道ですし、広い道路なら、大型のトラックやバスがかなりのスピードで行き交っています。

またネパールでは交通マナーもよくないので、そもそも車2台がすれ違える幅がないほどの道なのに、対面する車同士がお互い突っ込んで動けなくなり、自分だけは先に行こうとするバイクが追い抜こうとさらに突っ込んで、後から同じような車やバイクが突っ込んで・・・という光景が至る所で見えます。ネパールの交通事情をしっかり踏まえてから、バイクにチャレンジしてみてください。

ネパールの交通事情

外務省発行の安全の手引きとかも、参考にしてくださいね。