僕はネパールと日本を行き来する生活を送っており、半移住とも言えるライフスタイルです。毎年決まったサイクルで動いているのではないんですが、ネパール生活を始めて以来、1年のうち大体2~4ヶ月を日本で、残りをネパールで過ごしてきました。

行き当たりばったりなところもあるんですが、飛行機のチケットは前もって買っておくと大体安いですし、家族の都合などもあるので、できるだけ早めに「次はいつ帰省しようかな」と考えています。そんなに前もって決まらないことも多いんですけどね。

こうした予定を立てる際、お金の計算をしておくことも大事です。細かく考えずお金がなくなったら帰国!というのもひとつの方法ですが、計画的に予算を組んでおけば、いざという時に安心ですからね。

たとえばネパール半移住生活をスタートさせる際、1年目の予算はどのように見積もっておけばいいんでしょうか?費用の参考に、ひとつのモデルケースを書いてみようと思います。

まずは観光ビザ5ヶ月+学生ビザ(ビソバサ)6ヶ月の、合計11ヶ月ネパールに住んでみる場合ですが、かかる費用は、ビザ代、学費、家のセットアップ費用、家の固定費、生活費、航空券などを計算に入れる必要があります。

 

【ネパール1年目の予算モデル】

(↑カトマンズで実際に僕が住んでいた部屋です)

  • 観光ビザ90日分 100ドル
  • 観光ビザ60日延長分 120ドル
  • ビソバサ入学金 200ドル
  • ビソバサ学費半年分 300ドル
  • ビソバサ入学手数料 5ドル
  • 学生ビザ半年分 300ドル

このように、ビザと学費で合計1025ドルです。余裕をもったレート計算で110,000ルピーとします。

  • 家賃 15,000ルピー
  • 家賃以外生活費 20,000ルピー

独身の人としては、1ヶ月3万5千ルピーなら余裕だと思います(僕はカトマンズでも3万弱でした)。この計算だと11ヶ月で385,000ルピー、帰国中も部屋をキープして2年目につなげるとして、帰国前に家賃4ヶ月分60,000ルピーを支払うものとします。

それで11ヶ月の家賃生活費+家のキープ費用合計は、445,000ルピーです。

これに、ネパールの部屋に住み始める時のセットアップ(家具家電、カーペットや日用品を買いそろえること)費用を100,000ルピーと見積もります。というわけでまとめますと・・・

  • 学費+ビザ代=11万ルピー
  • セットアップ費用=10万ルピー
  • 生活費+家賃=44万5千ルピー

この合計645,000ルピーを、余裕をもったレート計算で1ルピー=1.1円として計算しますと、709,500円となります。約71万円ということですね。これに加えて・・・

  • 最初の渡ネパ時の片道航空券=5万円
  • 1年分の保険=約10万円
  • ネパールに持ち込むもの買い物=4万円
  • ネパールからの往復航空券=5万円
  • 帰国後しばらくの生活費5万円

この計算で、合計100万円となります。ネパール生活をスタートさせるにあたり、自由に使えるお金をまずは100万円くらい貯めておくといいんじゃないかなというのが、僕の考えです。

生活費や保険などは個人差がかなりあると思いますので、これを元に微調整して計算してみてください。友だちとルームシェアすれば固定費は半額ですし、田舎に住めば生活費はもっと安くすみます。逆にバイクを買ったり、ネパール国内を旅行したりすると、もっと費用がかかるかもしれません。

ちなみに僕は今年、4ヶ月日本・8ヶ月ネパールという計画を立てているところですが、ネパールの田舎暮らしをしている僕の予算もご紹介してみますね。

 

【ネパール生活4年目・田舎暮らしの場合】

(↑実際に僕が住んでいる家ではありません)

  • 観光ビザ150日 220ドル
  • 学費3ヶ月分 300ドル
  • 学生ビザ3ヶ月 150ドル
  • 生活費8ヶ月 160,000ルピー
  • 帰国中家賃前払い 20,000ルピー

まずビザと学費で合計670ドル=約70,000ルピーとなります。生活費は、家賃5千ルピーを含めて1ヶ月2万ルピーでの計算です(実際は2万もかからないくらいです)。帰国前に家賃4ヶ月分を預けていくことにします。そうすると、1年のうち8ヶ月ネパール生活の予算は、250,000ルピー=約28万円です。

このようにネパールの田舎暮らしの予算は、大体1年で30万円くらいかなと考えて生活しています。贅沢しなければこれだけで済みますが、さて(笑)。でもお金を使う娯楽はほとんどないですから、カトマンズでの外食と旅行に気を付けていれば、おそらく予算オーバーはないんじゃないかなと思います。

カトマンズはどんどん物価が上昇していますが、とても便利に生活できるようになっています。一方地方では、それほど便利なものはないものの生活費が安く、ゆるくのんびり過ごすことができます。

ちなみに今回、1円=0.9ルピーで計算してみましたが、最近またレートが良くなっていますね(僕たちネパール移住者にとっては)。円高が進み、1円=1ルピーくらいになってくれれば、僕たちもけっこう助かります。日本経済にとってどうなのかは知りませんが・・・

ネパールから日本への出稼ぎの人も増え、日本とネパールの関わりが増えてきました。今回の予算モデルが、ネパール移住や海外生活に興味を持った方の参考になると嬉しいです。

楽しいネパール生活スタートのため、まず座って費用を計算して、チャレンジしてみてくださいね!