僕が住んでいるネパールの田舎の村には、幾つかの小さなバザール(市場)があります。バザールと言っても中東やインドの都市部にあるものとは規模が全然違っていて、小さい商店街のようなものです。

近隣で一番大きなバザールでも、端から端まで歩いて5分くらいかなというサイズなので、よくバイクで買い物に来るんですがいつも見慣れた変わりない風景で・・・と思っていたら!いつの間にかピザのレストランがオープンしていたことを最近知りました。

ネパール語で、ピッザ・ハウス・レストランと書いてあります(ネパール語でピザはピッザのようです)。元々はこの辺りにもよくあるネパールの軽食を提供する食堂のようなところだったんですが、カトマンズで働いていた店主の息子が帰ってきたのに合わせ、リニューアルオープンしたんだとか。

ネパールのこんなド田舎にピザ屋さんができたなんて!と一瞬嬉しくなったんですが、いやいや期待しすぎちゃダメだと冷静に。タメルとかにあるちゃんとしたイタリアンレストランじゃないネパールのピザ屋さんって、大体マズイんですよ。変なパンに具材載せて焼いたみたいなのが多くて、僕は今まで何度も騙されてきました。

でもやっぱり一度食べてみないとずっと気になっちゃうので、お店に来て値段を聞いてみたんです。そしたらベジタブルピザが250ルピー(約250円)、サラミピザが320ルピー(約320円)、フルーツピザが180ルピー(約180円)などがあるとのことで・・・僕の感想は、高い!

ネパールではお代わりし放題のダルバートが120ルピーくらいなので、このピザはかなり高い部類。これでまずかったらショックが大きいなぁと思っていると、ピザ職人の男性が、カトマンズで食べたら1,000とか1,500ルピーとかするだろ?ここのは安いよ!と。いや、本当に美味しいならそうだけどさぁ。。。

でもよくよく話を聞いてみると、ピザを作るのは、タメルのロードハウスカフェで働いていたことがある人だったんです。ネパール住みの人はご存じだと思いますが、そのロードハウスカフェというのはネパールでは評判のイタリアンレストラン。それならもしかして?期待できちゃう?期待していい?と思った僕は、思い切ってオーダーしてみることにしたのです。

そして作り始めた様子を見てみると、おお!なんか上手!ちゃんとしたピザの生地が準備されていて、トマトソースやチーズ、サラミなど材料はカトマンズから取り寄せているとのことで、期待はさらに膨らみました。

じつは僕が今住んでいる村では、ピザに合うモッツァレラなどのチーズは手に入らないんですよね。オリーブオイルもありませんし、サラミなんてものも見たことがありません。でもちゃんとした材料をカトマンズから取り寄せているなら、どうなんだい?これは期待しちゃっていいのかい!?

そしてさらに驚いたことに、けっこう大きなオーブンも導入されていました。やっぱりピザは焼き方が大事ですからね!カリカリのクリスピーにしてくれというと、快くフンチャ!(分かった!)と答えてくれまして。

手際よく作られたピザが、十分に温まったオーブンに入れられました!時々焼き加減を見ながら、焦げないように、でもカリカリに焼きあがるように注意を払いつつ、出来上がったピザ!

出てきたのがこちらです!

野菜とサラミをのせたミックスピザ!

こちらはタンドリーチキンものっています。

肝心の味はどうだったかと言いますと・・・

なんと、これがうまいんです!びっくり!業務用のオーブンを使っているおかげで、クリスピーな焼き上がりになっていますし、ソースもイタリアンレストランで使われていそうな、ちゃんとしたソースでした(ネパールやインド製のピザソースを買うと、なぜかマサラが入っていることもあるので)。

あと、オラが村では手に入らない種類のチーズが美味しかったですね。全然期待せず食べた分、最初の感動はひとしおでした!こんな美味しいピザが食べられるようになったなんて・・・!

テイクアウトもしてくれますし、ネパールらしく材料の融通も聞きます。ある時はピザ用のキノコが手に入らなかったので、代わりにゆで卵をのせてもらったりしまして。

あ、でもある意味期待を裏切らず、ちゃんとまずいピザもありまして(笑)、このフルーツピザなるものは美味しくなかったです。トマトソースにリンゴとバナナをのせているんですが、いやいや、デザート系ピザにするなら、トマトじゃなくてカスタードクリームにするとか工夫しなきゃ!とクレームつけてきました。今度はカスタード持参で来ようかなぁ。あ、あとピザにはコーラだから、コーラも置いておいてもらわねば!

ちなみに今週は、たまたま友人である流れのピザ職人リッキーが遊びにきていたんですが、彼もピザを作って皆に振る舞ってくれまして、それがこちら!

バーベキューソースを使った照り焼きチキンピザです。日本人は大好きな味なんですが、ネパール人の意見は賛否両論。複雑な表情をしながら食べていた人もいました(笑)。まぁ、好みってありますからね。しょうがない。

じつはネパールでもバーベキューソースが手に入りまして。これがけっこうイイ味してたんです。親切にも残りを置いて行ってくれたので、今度このソースをピザ屋さんに持参して、これで作ってくれと頼んでみてもいいかもしれません。

僕はこの新しいピザ屋さんを発見して以来、週一くらいでピザを食べるようになりました。なーんにもないと思っていたネパールの村ですが、少しずつ発展して住みやすくなっています。次は日本食レストランでもできないかなぁ。