最近のネパール生活で食べているものを紹介しようと思い立ったんですが、なにぶん今住んでいる所は田舎なもんで、この辺りのお店で食べられるものはすでにブログで紹介済みのものばかりでした。少しずつこの村も発展しているので、新しいお店とかできてはいるんですけどね。出てくるものは大差ないという。笑

ネパールではちょっとした軽食として「プリ・タルカリ」と呼ばれるセットを食べることが多くあります。プリというのは発酵してないパンかナンみたいなもので、タルカリというのはスープカレーのようなものです。タルカリという言葉は野菜だったりおかずだったり色んな意味で使われるんですが、プリとタルカリはどういうものか、ご紹介しますね。

僕も色んなお店でプリ&タルカリを食べています!

割と定番なものを載せてみます。

プリは焼いてあったり揚げてあったりいろいろです。揚げたてなら、僕は揚げたやつのほうが好きですね。

ダヒ(ヨーグルト)とセットで食べることもあります。辛いのはいいんですけど、ネパールのこういうタルカリは塩分も多めなので、栄養バランスはちょっと考えないといけないですね。

あと、プリはタンドール(窯)がないお店でも作れるのでお手軽ですが、やっぱり僕はナンが好きなので、タンドールがあるお店を探してナン&カレーを食べることが多いです。値段的にはプリ・タルカリのほうが少し安いですが、ナン・カレーの組み合わせも100ルピーくらい(100円くらい)で食べることができます。

栄養考えないとなーとか言いつつ、ついついこういうチャウチャウ(ネパールのインスタントラーメン)とジャガイモのセットとかも食べちゃいます。タマゴで栄養バランスがとれていると信じたい。

でもネパールのローカル食堂で野菜を食べようと思っても、豆をつけるくらいしか選択肢がないんですよねぇ。あとは大根のアチャールとか。この写真のセットは肉もついてちょっと豪華なので、150ルピー(150円くらい)とお高めです。ダルバートよりちょっと高いですね。

栄養バランスとらないとなーとか言いながら、朝はこういう揚げ物系カジャ(軽食)で済ますことも多いです。毎日だと飽きるけど、でもこれらとチヤのセットはネパールでは定番で、習慣化してきちゃうんですよねぇ。

ネパールではお菓子は揚げ物系が多くて、家で食べるものもフライしたものがけっこうあります。これ日本にもありますよね?何て言うんでしたっけ・・・これもネパール人にけっこう喜ばれるおやつです。

パッケージはこれです。激甘でも激辛でもない、日本人も好きな味のお菓子は貴重なんですよねー。日本より全然安く買えますよ!

僕は未だに家でダルバートを作ることはほとんどないですが(ネパール人の友だちが遊びに来て、なおかつ一緒に作ってくれる場合だけ)、やっぱりお店で食べるより友だちが家で作ってくれるダルバートのほうが美味しいです。ネパール人ほどではないですが、ダルバートを食べることも週に数回あります。

夏もバーベキューシーズンでしたが、寒くなってきたらなってきたで、外でバーベキューも楽しいものです。最近ちょっと大きめのバーベキューセットも買っちゃったので、火で暖まりながら外でバーベキューもよくやります。

僕が住む田舎町ではいま水牛の肉が1キロ250ルピー、鶏肉は1キロ300ルピーほどで手に入ります。ネパールでは肉は骨付きで計量するので、実際の肉の量はちょっと少なくなるんですが。ここで買える鶏はまるまる一羽で2.5キロくらいなので、一羽(内臓はとってある)が750円くらいで買えます。

最近は一羽買って捌いて食べるのにも慣れてきました。新鮮な地元の鶏が買える時は、お肉がびっくりするくらいきれいで美味しいです!いつかローストチキンとか作りたいんですが、そのためにはオーブン買うか窯とか作らないとなぁ。場所さえあれば窯作りたいんですけどね、ピザとかも焼きたいし。でも今の部屋では場所がないのと田舎には耐熱レンガとかないので、まだ実現していません。

日本だと色んなものが手に入るゆえに献立に迷うことがありますが、ネパールの田舎では手に入るものを駆使して工夫しないといけないゆえに迷うことが多々あります。ネパール人と同じ様な食事ばかりだと迷わないですが、ダルバートは食べ過ぎると飽きちゃうのと塩・油がけっこう使われているので、食べ過ぎはよくないと思うんですよね。

でもネパールでも、けっこう美味しいもの食べられますのでご心配なく!手に入るものは少ないですが、旬のものとかお肉とか、ネパールならではのものも美味しいですよ。

ちなみに今はトウモロコシが収穫され、干して保存食にされている時期でもあります。ヤギもトウモロコシ好きなので、つまみ食いに来たりして。こんなほのぼの風景も、ネパールの田舎暮らしならではですね!