今週の日曜、ネパールでは下院・州議会選挙が行なわれます。こうした大規模な選挙の場合はいつもそうですが、投票日は許可を得た車両しか通行できません。選挙活動や投票に対しての妨害行為もあるため、いつもよりいっそう注意して移動するようになさってください。大使館からの2通のお知らせを転載しておきます。

連邦下院・州議会選挙候補者への襲撃事件が11月10日以降続発

マオイスト・チャンド派が各種選挙妨害行動を計画中

在ネパール大使館の注意喚起(安全情報17-32)11月21日

選挙候補者襲撃事件続発及びバンダの開催予定について

ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

在ネパール日本国大使館

1.11月26日及び12月7日に、ネパールでは連邦下院・州議会選挙が実施されます。11月10日以降本日まで、ルクム郡、ロルパ郡(3件)、ボジプール郡(2件)、ゴルカ郡、ヌワコット郡、タナフ郡、サルヤン郡、ダディン郡、バラ郡、バグルン郡などネパール各地で、この選挙の立候補者に対し、候補者の近くで爆発物が爆発したり、銃で襲撃される等非常に過激な妨害行為が行われました。

2.マオイスト・チャンド派は、この選挙期間中に「ダッカ」(注:ネパール語で「強く押す」の意)という大きな事件を起こそうというスローガンの下、立候補者の誘拐やネパール全土でのバンダ(ゼネラルストライキ・11月24日(金))を行おうと計画しているとの由です。

3.選挙期間中及び投票日は、これまでの経緯から選挙活動が過熱化し、予想外のトラブルに発展する可能性もあります。つきましては、投票場所や選挙関連施設、選挙活動などには不用意に近づかないようにして下さい。またバンダ当日は不要不急の外出は極力避け、バンダを行うグループを見つけた際には、極力近づかないで下さい。

上記予定は、中止・変更の可能性がありますので、テレビやインターネットで最新の情報を入手して行動するよう心がけて下さい。

 

11月26日、ネパール北側32郡の選挙の投票が行われる地域では車両使用禁止

(カトマンズ盆地内は今回は含まれない)

選挙が行われる地域と接する国境通過地点は、23日から26日までの間封鎖 

在ネパール大使館の注意喚起(安全情報17-33)11月23日

 

11月26日の連邦下院・州議会選挙に伴う移動制限(車両使用禁止)及び国境封鎖

(ネパール北側、中国、インドと隣接する山岳地帯)について

ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

在ネパール日本国大使館

1.11月26日、ネパールでは第1回連邦下院・州議会選挙が実施されます。

2.この選挙に伴い、選挙が行われるネパール北側の32郡(詳細は後述)では、選挙での不正行為防止(他投票場所での二重投票等)のため、11月26日終日、選挙に関係する登録車両以外の走行が禁止されます。公共交通機関(バス、タクシー等)も運行しておりませんので、ご注意ください(徒歩での移動は可能です)。

3.また、上記選挙が行われる郡と接する中国、インドとの国境通過地点も11月23日から26日の間封鎖され、往来ができなくなるとのことですので、併せてご注意ください。(ただし、選挙が行われない南側のインドとの国境通過地点は通行可能とのことです)

※今回選挙が行われる北側32郡(カトマンズ盆地内は含まれない)

第1州:ソルクンブ郡、サンクワサバ郡、ボジプル郡、オカルデュンガ郡、タプレジュン郡、パーチタル郡、コタン郡

第2州:ヌワコット郡、ラスワ郡、ダディン郡、シンデュバルチョーク郡、ドラカ郡、ラメチャップ郡、

第4州:ムスタン郡、ミャグディ郡、バグルン郡、マナン郡、ラムジュン郡、ゴルカ郡

第5州:東ルクム郡、ロルパ郡

第6州:西ルクム郡、ジャジャルコット郡、フムラ郡、ムグ郡、ジュムラ郡、カリコット郡、ドルパ郡

第7州:ダルチュラ郡、バジャン郡、バジュラ郡、バイタディ郡

 この情報は、変更、延期される可能性もありますので、新聞、インターネットなどを活用して最新の情報を入手するように努めてください。

立候補者を誘拐するとか、過激なことを宣言しているようです。カトマンズ内ではあまり危険な様子は今のところ見られませんが、爆弾騒ぎも起きているようなので、やはり注意するにこしたことはありません。旅行中の方も予定を調整できるところはするようにお勧めします。