昨日、ネパール国内の移動に使われる夜行バスの死亡事故が発生しました。少なくとも31名が死亡する大事故であり、今一度ネパール内でのバス移動に関して注意点を思い起こしておきたいものです。大使館からのお知らせを転載しておきますので、ぜひご覧ください。

●大型バスが川に転落し、少なくとも31名が亡くなる大事故が発生。

●ネパールでの交通手段は、安易に値段だけで決めず、天候、季節、道路運行状況、風評等を考慮して慎重に選んで移動してください。

在ネパール大使館の注意喚起(安全情報17-30)

10月30日

夜行バスの重大事故発生に伴う注意喚起

ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

在ネパール日本国大使館

1.10月28日早朝6時頃、ネパール首都カトマンズの西約60キロのダディン郡での幹線道路プレティビーハイウェイにて、サプタリ郡からナランガード・ムグリン道路を通ってカトマンズに向かっていた50名以上を乗せていた大型バスがトリスリ川(Trishuli River)に転落し、少なくとも31名が死亡、16名が負傷する大事故が発生しました。現在までのところ日本人被害の情報は入っていません。

2.ネパールでは、天候、季節、各種イベントによって交通障害が起こりやすく、予定通りに運行できないことが頻繁に起こります。ドライバーはこれらで起こった遅延を取り戻すべく、過度にスピードを出したり、無理な運行状況下でも走行したりしたりするので、このような大事故が度々発生しております。交通手段選択時は、安易に値段だけで決定せず、天候、季節、道路運行状況、風評、各種イベントの実施状況などを考慮して慎重に選んで移動してください。

※ この情報は,お知り合いや旅行者等にもお知らせください。

※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら,大使館へ在留届を提出するようおすすめ願います。

※ 近く帰国・離任を予定されている方,または既に帰国されている方は速やかに大使館までご連絡下さい。

※ このメールの配信を希望されない方は,大使館までご連絡下さい。

大使館代表電話 4426680

※ 閉館時(休館日や夜間など)には、上記電話から緊急電話対応者に転送されます。

ネパール国内の移動手段としては、車、バイク、飛行機が主な手段になるかと思います。僕は個人的にネパール国内移動に関しては飛行機は使わないようにしています。安全基準がそもそも低いことと、老朽化した飛行機を使っていることが多いと思うからです。

それで僕は、長距離はバスやスモ(ジープ)での移動、中・近距離はバイクを利用することが多いのです。でもネパールではほとんど山道を走ることと道路状態が良くないこと、天候などの要因が相まって、交通事故も少なくありません。大使館からのメールにもある通り、運転手が時間遅れによる収入減・失職を恐れてかなりスピードを出して運転することもあります。この辺は日本と似ているでしょうか。

それでバスを選ぶ際は、可能なかぎり夜行ではなく日中運行するバスを選ぶようお勧めします。そして運転手の様子を見て、若いドライバーではなく結婚して家族がいる人が運転するバスを選ぶようにもお勧めしたいです。全体として若い人の事故が多い気がしますし、やはり失うものがある家族持ちのドライバーは、運転も慎重な傾向があります。

そしてバスのチケット予約の際、誰かから「この便は危ないからやめとけ」「このドライバーの時は避けたほうがいい」などと忠告を受けたら、できるだけ受け入れて予定変更されることもお勧めします。普段使ってる便なんだけどなーと思いつつも、強く勧められたことによってバスを変更し、事故を免れたという経験も聞いたことがあります。

どの国に住んでいても、事故はゼロではありません。避けようがないものもあるかもしれませんが、でもネパール独特の事情も考慮し、できるだけ事故に遭わない対策を取っておきたいものですね。後半に書いたことは個人的な意見ですが、参考にしていただけると幸いです。