日本にいるとなかなかネパール人と関わる機会がないんですが、たまにネパール語をしゃべりたくなって、ネパール人が働いているレストランに出かけることがあります。日本各地に『インド・カレー』と銘打っているレストランが増えてきましたが、じつはこれらのほとんどはネパール人がやっています(てすかーらん調べ)。

僕はしばらく神戸にいたんですが、このあたりにも『インド・カレー』とか『ネパール・インドカレー』という看板を掲げているレストランがたくさんありまして、何軒か訪問してナン&カレーをいただいてきました。そして何人ものネパール人に会えました。

インドカレーとネパールカレーは厳密には違うものではありますが(インドは広い国なので、南部と北部でも料理はけっこう違ったりします)、日本人から見たらあんまり関係ないですからね。日本も韓国も中国も大して変わりないでしょ?と思っているネパール人もけっこういるので、お互い様です(笑)。

でもこういうインド・ネパールカレー、そしてナンは、本場の味に近いものなんでしょうか?たとえば外国で寿司を注文するとカリフォルニアロール的なアレンジ寿司が出てくることもありますが、日本のネパールカレーは、やっぱり日本風にアレンジされているものなんでしょうか?

というわけで何軒か訪れたレストランのカレーとナンの写真を見てみましょう。ネパール移住した皆さんは、どう思われますか?

日本のカレーとは違いますね!

というかラッシーを注文したら、ビールグラスとか日本酒グラスで出てきたんですが、これが日本風アレンジなのかな?(笑)

ホウレンソウのカレーとか、ネパールでもよく食べてたなぁ。

肝心のカレーの味ですが、やっぱりネパール人が作っているだけあって、ネパールの味そのものでした!どのレストランもネパールのと同じマサラ(スパイス)を利用して作っているみたいですね。

でも辛さは日本人に合わせているみたいで、ネパールレベルではなかったです。辛さを選べるところが多かったですが、その中の「激辛」は本当に辛いの?と聞くと、「そんなに辛くないよ」というネパール人店員の答え。確かに食べてみると、ネパールの普通レベルという感じでした。日本人の「辛い」は、ネパール人の「普通」なんですね~。(※もちろん、レストランによって基準が違うと思うのでご注意を)

ちなみにネパールは米食ですが、カレーとご飯を一緒に食べる習慣はありません。南インドではカレーとご飯を一緒に食べ、北インドではナンとカレーという組み合わせが定番だそうですが、ネパールは北インドに近いナンとカレーの組み合わせです。ネパールと国境を接しているのは北インドなので、やっぱり影響を受けているんでしょうかね。

ナンはネパールで食べるものよりも、ふっくらもちもちに仕上げてある気がしました。日本人はもちもち食感が好きなので、アレンジしてあるんでしょうかね。ネパールのカレー屋さんで食べるナンは、もっとぺったりしている気がします。ちなみにお値段はネパールで食べるより5~10倍くらいしますが、そこはまあ日本ですからね。

三宮駅の近くのレストランでは、こんな珍しい?ナンもありました!

ナンと、チョコレートナン!

これもネパールにはない、日本らしいアレンジでしょうかね。食べてみましたが、うん、甘い!

ネパール人従業員に「これ甘いねぇ」というと、ネパール風アチャールを出してくれたんですが、これがまた辛かった!「甘い?なら辛さを足せばいいじゃない!」というのがネパール人ぽい発想だなと思いました。そういうことじゃないんだけどなぁと思いつつ、なんか新鮮な組み合わせでした。

今回の帰国中にお会いした方の中には、レストランで接客業務に携わっていたり、日本人と結婚していたりして、日本語上手なネパール人たちもいました。でも厨房で働いている人たちは日本語を使う機会が少なく、数年日本にいてもあまり日本語は分からないという方が多かったです。

そんな人たちにネパール語で話しかけると、嬉しそうに会話に応じてくれて楽しかったです。そして日本語が上手な人であっても、やっぱり母語で話すのは嬉しいみたいでした。食事している僕のところに厨房から順番に話をしに出てきてくれたりもして、僕も嬉しかったです。

神戸あたりではネパール語を話す日本人に初めて会ったと言われることもあり、珍しがってもらえました。そしてレストランのアイドルタイムには2~3時間話せたりもして、やっぱり母語だと気持ちを話してくれるなと感じました。日本で生活しているとあまり気づきませんが、母語で話を聞いてもらえるとか、母語でコミュニケーションを取れるというのは、すごく大事なことなんですねぇ。

いまウィキペデアを見てみると、2016年12月末の時点で日本で外国人登録されているネパール人は67,470人で、日本在住ネパール人が急増しているようです。難民だったり留学生だったりと立場は様々ですが、ぜひ外国の地でがんばっているネパール人に会ったら、簡単なネパール語で励ましてあげてくださいね!