夏と言えば肉!ということでお肉が恋しい季節ですが、ネパールではお肉といえば水牛の肉です。でもおそらくネパールやインドに来たことがない人は、水牛の肉なんてあまり食べる機会がないんじゃないでしょうか。

インドやネパールはヒンズー教がメインなんですが、ヒンズー教では牛は神様の乗り物ってことで食べちゃダメらしいんです。でも牛は牛でも水牛はOKという特別ルールがありますので、ネパール人の多くは水牛を食べます。日本でも奈良の鹿は神様の使いってことで大事にされてますが、増えて畑に近いづいたら食べちゃうらしいですし。そんな感じですかね(違うか)

というわけで夏になるとバーベキューとかしたくなるものですが、ネパールでは美味しい牛肉は限られたレストランでしか食べられません。なのでバーベキューも一般人が自宅で食べるために手に入る水牛でやることになるんですが、水牛ってあんまり美味しくないんですよねぇ。

なんで美味しくないのかといいますと、固いんです!日本で食べるお肉は霜降りってわけじゃなくても柔らかいのがほとんどだと思いますが、ネパールの水牛はかなり固くて、日本で食べる安い牛肉の、さらに1~2ランク下の肉って感じです、僕の感覚では。なので、どうにか柔らかくして食べられないものかと試行錯誤していまして。

薄切りにして食べやすくしたり、隠し包丁で噛み切りやすくするなどの方法もありますが、どうやら肉の繊維を分解すると柔らかくなるらしいですね。牛乳や果汁に漬け込む、コーラに漬けておくなどの方法があるということを聞きまして、ネパールの田舎でも手に入りやすいもので試してみることにしました!

じゃじゃーん。

コーラ漬けです。コーラの成分というよりは、炭酸がお肉のたんぱく質を少し溶かす効果があるんだとか。一緒にバーベキューした友達には「えー!?」と言われましたが、大体2時間くらい漬け込んでみたんですが、別にコーラ味になることはなく、なんとなく柔らかくなったような気がしましたよー。

 

そしてネパールのバーベキューセット(?)で焼いて楽しみました。牛乳漬けだと一晩中漬けておくといいらしいんですが、我が家には冷蔵庫がないもので。夏の時期に常温放置の牛乳に肉を入れて放置したら、柔らかくなるだけじゃすまないことになると思うので今は試すことができていません。いずれまた別の方法も試してみたいものです。

日本から持ってきた焼肉のタレとかに漬け込んでおくのもいいと思いました。貴重な調味料なのであまり贅沢には使えないんですが、やっぱり甘辛い焼肉のタレは最高ですね!少々固くても、このタレさえあれば焼肉を楽しめるのはありがたいです。

じつはネパール料理でも、調理の仕方によって柔らかなお肉になるものもあります。たとえば僕が住む村でも食べることができる「チョエラ」という肉料理です。

 

しっかり煮込んだ肉をマサラ(香辛料)で合えて仕上げる料理で、鶏肉でもヤギ肉でもいいんですが、僕が住んでいるあたりでは水牛肉を使っています。これはネパールではけっこう柔らかいお肉だと思いますし、ほどよい辛さで僕はけっこう好きです。

あと、水牛肉は干し肉にされることもあります。

干して柔らかくなるわけではないんですが、ビーフジャーキーと同じ原理で、噛みごたえがあるものの味わい深いお肉になったりします。上の写真のようにワイルドに干し、チョウミン(ネパール風焼きそば)の具にしたりするのを見かけます。バーベキューの肉とは違いますが、これはこれで美味しいと思います。

全体的に日本より物価が安いネパールですが、肉は日本と比べてすごく安いというわけではありません。けっこう贅沢品なので、せっかく食べるなら美味しく食べられるように工夫していきたいものです。レストランでも美味しいステーキとか食べられますが、おうちごはんでも楽しんでいきたいと思います!