インフルエンザって色んな動物に感染するんですね。在ネパールの日本大使館から、豚インフルエンザの感染情報が来ました。亡くなった方もいますし、正しい知識を身に着けて予防に努めましょう。

在ネパール大使館の注意喚起(安全情報17-22) 8月4日

豚インフルエンザ(H1N1)の感染情報について

ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

在ネパール日本国大使館

 当地新聞報道等によれば、今年に入り、ネパール国内において、豚インフルエンザ(H1N1)に罹患した患者6名(うち1名がカトマンズ)が死亡しています。

当館のウェブサイト(下記リンク)に、豚インフルエンザ(N1H1)に関する詳しい情報をQ&A形式で掲載しましたので、参考にして、感染しないよう十分注意をしてください。

また、感染が疑われる症状が発生した場合は、病院で相談するようにしてください。

H1N1インフルエンザについて よくある質問と答え(Q&A)

http://www.np.emb-japan.go.jp/files/000278147.pdf

簡単に豚インフルエンザに関する情報をまとめてみますと。

  • 豚の中で変異した型のインフルエンザ
  • 症状、感染方法、治療方法は、A型インフルエンザと同じ
  • 豚肉を食べても感染しない
  • 感染した豚と長時間密着していると、その人に感染するかも
  • 予防接種をしていない人は重症化するかも
  • 予防接種は効果が出るまで2週間ほどかかる
  • 予防接種は重症化しないためのもの。かかりにくくなるわけではない
  • 妊婦は重症化しやすいので、予防接種が勧められる
  • インフルエンザのような感染性の高い病気になると、飛行機に搭乗できない
  • ネパールで高熱が出る病気は他にもあるので、自己診断より病院へ

ネパールだと予防接種を受けている人が少ないですし、的確な医療処置を受けられない環境の人が多いので、インフルエンザも重症化する傾向があるようですね。しっかり予防接種しておくことをお勧めします。

あと大使館のサイトにも書いてますが、インフルエンザなどの感染性の高い病気にかかると、飛行機への搭乗は拒否されます。病気になったから急いで日本に戻って治療しよう!ということはできません。ネパール在住ならネパールで治療するしかありませんので、その心構えが必要です。同時に、病気になったらどこの病院に行くのかあらかじめ考えておくことも大事でしょう。

日本もネパールも暑い時期ですが、インフルエンザなどの病気予防については常に考えておくようにしましょう。