ネパールではまだまだ教育を受けることができない子供たちも多くいますが、カトマンズを中心とした都市部では、かなり教育に力を入れているようです。英語教育にも力が入っていて、ネパール人はけっこうな確率で英語を話すことができます。もちろん、比較的裕福な家庭で育った人たちでしょうけど。

またカトマンズ、とくにタメルあたりにいるネパール人は観光客慣れしているので、外国人だと思ったら英語で話しかけてくる人も多く、ちょっと分からない言葉があったり聞き返したりすると、すぐ英語に切り替えてきます。いやいや、こっちはネパール語を勉強したいのでネパール語で話してほしいんですが?

ただ大半のネパール人の英語って、独特の癖があるので会話の際に注意が必要なんです。(まぁ日本人の英語も発音が下手だと思うので正確じゃないと思いますが。ネパール人側も、日本人の英語って変だよね!とか思ってそうw)

ちょっと変なネパール人の英語、大きな特徴を2つ挙げてみますね。

まずひとつめは「R」をはっきり発音すること。本来は伸ばす音でも、ネパール人は巻き舌にして発音しています。たとえば・・・

  • インターネット → インタルネット
  • ダーバー広場  → ダルバルスクエア
  • カーペット   → カルペット
  • 紙(ペーパー) → ペパル
  • 兄弟(ブラザー)→ ブラダル

こんな感じです。巻き舌そのものは日本人より上手だと思うんですけどねー。

そしてふたつめの特徴。それは、「ス」で始まる言葉の時、最初に小さく「イ」の音を入れてくるということです。書いてみると、表記上アルファベットの「i」にあたる音はないんですが、発音すると小さく「イ」が入るんです。たとえば・・・

  • スクール  → イスクール
  • スタディ  → イスタディ
  • スプライト → イスプライト
  • スペシャル → イスペシャル
  • スカイプ  → イスカイプ

などに変化していきます。これは、ネパール人は「ス」で始まる単語の発音が苦手なので、言いやすいように頭に「イ」を付けているんだと僕は聞きました。なんか諸説あるみたいですが。

こういうちょっとした法則を理解しておくと、ネパール人の英語が分かりやすくなります。だんだんネパール人ぽい英語を話すのに慣れてきたのはいいんですが、たまに日本人相手に「今度イスカイプで話そうよ」と言ってしまい、でも通じなくて、お互い??となることもあります。笑

日本に帰ってから「そこのイスプライトちょうだい」と言ってしまって恥ずかしい思いをした友人もいますので、ちょっと注意が必要ですね。笑 別に恥ずかしがることじゃないとは思うんですけどっ。