このブログも開設から早3年ほどになりまして、おかげさまで記事数もかなり多くなってきました。これまでネパールの国民食「ダルバート」を始め、ネパール料理もたくさんご紹介することができました。

一通り、主だったネパール料理をご紹介したんですが、今も僕はネパールで食べているものの写真をよく撮っています。外食する時はほとんど毎回写真に撮り、一応保存しているんですが、すでにご紹介済みのものが多いので、改めてご紹介するほどのものではなく。

でもこのまま眠らせておくのももったいないので、最近の僕のネパールごはんを一挙に公開させていただきますね。最近僕が何を食べているのかを見ていただければ、ネパール生活がもっと身近に感じられるんじゃないかと。外国料理のレストランなんかはたまにですからね!

まずはネパール人が毎日食べている国民的ワンプレートごはん「ダルバート」!

お店で食べると大体こんなのが出てきます。

一食100~120ルピー(1ルピー=約1円)くらいで、肉は別料金。肉以外はお代わり自由という店が多いです。ダル(豆スープ)、バード(ご飯)、タルカリ(おかず)、サーグ(青野菜)、アチャール(漬物)という組み合わせが一般的です。

↑これは友人が自宅でもてなしてくれた時ので、けっこう豪華なダルバートを作ってくれました。気合いが入るとおかずが何品もあったりします。

続きまして軽食系!

パコウラ(ネパール風の天ぷらかかき揚げみたいなもの)です。最近僕が住む村に、カトマンズ帰りの人が新しいお店をオープンさせまして。ちょっとお洒落な感じのパコウラが手に入ります。

こちらはマルプワという、ちょっともっちりしたパンみたいなやつ。ゴマがまぶしてあるのは珍しい気がします。ちょっと離れた別の町で見かけました。

ご飯の代わりにチウラ(潰して干して乾燥させた干飯)を食べる、軽食ですね。ちなみにおかずは全部辛いです。

日本のものとは違いますが、カレーを食べることもあります。ネパール人にとってのこういうスープカレーは、軽食として時々食べる人がいるという感じです。プリという揚げパンと一緒に食べると美味しいですよ~。

これもプリ&カレー。プリというのも幅広くて、発酵させてない揚げパンみたいなものです。ナンほどもっちりはしておらず、ロッティよりは柔らかいという感じでしょうか。

僕が住んでいる村にはありませんが、カトマンズではナン&カレーを食べたりもします。上の写真はバターナンとチーズカレーです。

こちらはオニオンナン(ナンの中に玉ねぎのみじん切りが練り込んである)と、アンダーカリー(ゆで卵入りカレー)です。最近この組み合わせにハマっていて、しょっちゅう食べてます。

ダルバートやカレーはネパール料理の定番ですが、ネパールのレストランではハンバーガーも食べることができます。バンズがごつすぎますし、中のソースがちょっと日本でイメージするものとは違いますが、それなりに美味しいハンバーガーです。

そしてネパールにマクドナルドはありませんが、ケンタッキーならあります。ハンバーガーを食べたくなったら、とりあえずケンタッキーに来るという手もあります。ただ、ビーフはありませんけどね。チキン系バーガーで良ければ、ケンタッキーメニューで息抜きすることもできます。

そしてヒマラヤン・ジャバというカフェで美味しいコーヒーを飲んだりもすると。先日はケンタッキーとジャバをはしごして、休日をまったり過ごしました。あ、でも僕仕事してないから、毎日休日だった。笑

最近は自宅では日本米を食べることが多いので、外食の時はお手頃価格のネパール料理と、ちょっと贅沢な外国料理をローテーションしています。ネパールに居ると毎日ダルバートを食べれば安上がりなんですが、食べ物って同じものが続くと飽きますからね。

いかがだったでしょうか? こういうのが毎日続いても大丈夫そう!と思えたら、ネパールでも幸せに暮らしていけると思います。自炊と外食を上手に組み合わせれば、日本よりも安上がりに美味しいものを食べることもできますし。

そうそう、少し前にネパールではマンゴーシーズンがスタートしました!安くて美味しい旬のフルーツがたくさん手に入るのも、ネパールの長所です。最近は毎日朝マンゴーしているんですが、大体一個40~50円くらいなので(もう少ししたらもっと値下がりします)、お財布にも健康にも優しいイイ習慣だなと我ながら思っています。

そんな食生活いいなーと思った方、ぜひネパール移住を検討してみてくださいね!