ネパールで買い物をすると,日本のお店の接客レベルは相当高いんだなということを痛感させられます。とくにレストランやバトバティーニなどの大型店に行った時。店員はいるんですけど,やる気ない人が多いんです。

今日もとある新しく見つけたレストランで食事をしたんですが,メニュー見せてというと,無言で持ってきてテーブルにポンと投げて去っていきました。日本でそんなことしたら,クレーム葉書がわんさか来るレベルじゃないでしょうか。また,そういう人は長く仕事を続けられないと思います。

大型スーパーで買い物をしている時,品出しをしている店員さんにコメの値段を聞いたんですが。わたしは知らな~い♪と笑顔で言われました。笑顔だったらいいってもんじゃないでしょ!とツッコミたくなる現象じゃないでしょうか。

レジに進むと,レジ担当の女性は笑顔もなければ一言も声を発しません。そして商品をドサドサ放り投げるようにしていく。一応レジ袋に全部入れてくれるのはありがたいんですけどね,もっと大事に扱ってと言いたい!

ネパールではそんな態度の悪い店員が多く,もはや笑いが出るレベルです。客相手に,よくそんな態度とれるな~と逆に尊敬してしまうくらいに。笑 そんな店員を見かけると,思わず日本人同士,すごいねこの態度!やる気ねぇ~!などと,本人目の前にして言ってしまいます。日本語でね!

でも誤解しないでいただきたいのは,ネパールと言えどやはりフレンドリーな店員さんもいます。そういうお店が家から通える場所にあると楽しいですね。楽しく会話しながら買い物や食事ができて,ネパール語の練習にもなっています。