ネパールに住んでいると当たり前すぎて紹介を忘れていましたが,ネパール人のほとんどはチヤが大好き! チヤとはネパールの紅茶のことで,ほとんどの場合ミルクティーを指します。たまにチャイと言う人がいますが,おそらく他の国の言い方なんじゃないでしょうかね。ネパールではチヤです。

小さめのお店でも大きめのレストランでも飲むことができ,ほとんどすべての家庭でも作って飲んでいます。値段は10~35ルピーくらい。こういうガラスのコップに入って出てくることが多いです。

IMG_20140903_093943

作り方は,鍋に水と牛乳,そして小さい粒のような専用のお茶葉を入れて煮だします。そこに各お店や家庭独自のマサラを少し加えて,さらに少し煮詰めて完成。手抜きのお店だとマサラは入ってないですが,田舎のほうでも美味しい配合のお店に出会うことがあります。

IMG_20140905_171943

こういうプラスチック製の容器に入っていることも。熱いので飲む時はふちの部分を持って,火傷しないように気を付けましょう。ちなみに僕の好みはショウガベースのマサラが入っているやつです。冬はとくに温まりますよ!

個人的にはコーヒー好きなので,日本で紅茶を飲むことは滅多にないんですが,ネパールに来たら毎日のように飲んでいます。何かクセになる味なんですよねぇ。マサラが入っているからかな?

ネパールに来たら,ぜひ色んなお店のチヤを飲んでみてくださいね。ちなみにタメルとか観光地のレストランだと,チヤを注文してもただのティーパックの紅茶が出てくることがありますので,ご注意を。