西暦の年末年始はネパールでは平日扱いのため、いつもと変わらない日常が過ぎていました。が!僕はじつはちょっくら日本に帰っていまして、少し日本らしい冬を感じているところです。

ほんとは最後のスマップで盛り上がる紅白を観たかったんですけどね!スマップは出場しないわ、12月30日から1月4日まで連勤だったわで、ゆっくり過ごしたわけではありませんでした。今回は実家近くの某靴屋さんで働いていたんです。

今回は年明けすぐネパールで参加したいイベントもあるため、日本滞在は2ヶ月弱ほど。滞在期間があまり長くないことと、今やネパールのほうが自分の家という感じになっているため、荷物はなるべくネパールに置いたまま帰国しているんですが・・・

先日、空いていた僕の部屋に泊まった友人からの残念なお知らせが。

「この部屋どうも・・・ネズミが住み付いているみたい」

えええ!!?

LINEで送ってもらった写真がこれです。シーツと布団が食いちぎられています。

その他いろいろなものも食い荒らされています。もー!ネズミぇ・・・!

ちゃんと戸締りしていたのと、冬だからネズミはいないだろうと油断していましたが、どこかから侵入したようですね。物理的に侵入口になる可能性があるのはドアの隙間くらいなんですが、ごくごく小さな隙間なんですけどねぇ。ネズミって入ってくるもんなんですね。

コーヒーフィルターくらいならまだいいんですが、置いてきた服とか電源ケーブルとか食いちぎられるととても困るので、ネパールにいる友達に頼んで、部屋に罠を仕掛けてもらうことにしました。ほんとは捕まえる系の罠がいいんですが、売っている所が見つからなかったということで毒餌を設置することに。

これでネズミ被害は抑えられることを期待しつつ・・・戻って来た時にどうなってるか、ドキドキですね。服が無事だといいなぁ。早めに気づけて良かったですが。

ネパール移住した人は、時々仕事のためとか用事があって帰省することもあるかと思いますが、できれば信頼できる友人に家の管理をお願いしておくといいですね。定期的に部屋の換気をすることはもちろん、今回みたいなネズミ被害を防いだり早期発見したりする意味でも。

防犯的な意味でも、友達に出入りしてもらうのはいいですね。あの部屋に住んでる日本人は里帰りしたからしばらく誰も来ないぞ、と色んな人に認識されてしまうと、泥棒被害を誘発してしまう可能性もあります。ちょくちょく人が出入りしていると思われていたら、盗まれるのを防ぐことができると思います。

もうすぐ帰ネパなんですが、さて、部屋はどうなっているやら。毒餌撒いているので効果が出ていることを期待しつつ、でも効いたってことはネズミが部屋に転がってるということなので・・・処理しやすい形で出会えることを願っています。笑