来たらすぐ気づくと思いますが、ネパールは交通ルールがあってないようなもので、しかもマナーも悪いため、危ない場面がけっこうあります。これから観光や移住のためにネパールに来る方にも注意していただきたく、ネパールの交通事情についての記事も書いておこうと思います。

僕は愛媛出身なんですが、愛媛には「伊予の早曲がり」という言葉があります。通常、車で右折しようとした時、直進しようとしている対向車が来たら、まずその対向車が過ぎてから(歩行者含む)自分が右折するという順番になりますよね。愛媛ではその直進車が交差点に到達する前に先に右折しちゃう車が多いらしいです。それで「伊予の早曲がり」なんて言葉ができたそうで。

日本の他の地域にも、似たような悪習があるという話を聞いたことがあります。でもネパールの交通マナーの悪さは、そんなレベルではありません、ケタが違います。日本規準で考えたら、車やバイクを運転しているネパール人は、道交法違反でほぼ全員捕まるんじゃないでしょうか。ネパールの道路はそれくらいぶっとんだ、違う世界だと思ってもらったほうがいいです。

何を隠そう、じつは僕はネパールでバイクを運転中、ド派手に転んで怪我したことがあります。そんな僕なので、ネパールの道路は危ないから注意して!とか、バイクは気を付けて運転するんだよ!と友達に言うと、どうしても(お前が言うな)的な雰囲気が漂ってしまうんですが(笑)、でもこれは言っておかないといけないと思うんですよね。ネパールで事故ると、ほんと大変ですから!

特に初めてネパールに来る方には読んでおいていただきたいのが、外務省が発行している安全の手引きや安全情報です。

外務省 海外安全ホームページ ネパール

在ネパール日本国大使館発行 安全の手引き(ネパール)

ここに書いてある表現は、海外に行ったことがない人にはちょっとイメージしにくいもかもしれませんが、ネパール在住の人にとっては「テイヨ!(その通り!)」と、納得のものばかり。たとえば・・・

  • オート三輪,自転車,歩行者,牛,野犬等が混在し,その隙間を縫って自動車が通行するため,路上では細心の注意が必要です。
  • ネパールでは車・自転車・バイク・テンプー(乗り合いバス)等が縦横無尽に走っています。
  • 全般的に交通マナーが非常に悪く、無理な追い越しや急な割り込み、脇道から一旦停止せずに飛び出すなど、日本国内の常識では考えられないような運転者がいます。

道路にバイクや歩行者、犬や牛が混在し、その隙間をぬって自動車が走るなんて、考えられますか?なにそのカオス!(笑) もし道を 縦横無尽に走る車やバイクがいたら、日本ならすぐ捕まっちゃうんじゃないでしょうか。でもネパールではそれが普通。ですから、車やバイクを利用する際、道路を横断する際はかなり気を付けなければならないのです。

たとえば自分が直進だろうが右折だろうが左折だろうが、他の車やバイクと鉢合わせしてしまった場合。まずは直進が優先だとか右折は後だとか、そんなルールを考える人はまずいません。自分が先!相手より先に曲がらなきゃ!と動く人がほとんどです。周りが皆そうなので、自分もそうしないといつまでも前に進めないってのもあるんでしょうけど。

僕は初めてネパールに来た時、バイクや車のあまりの運転の荒さに(こんな運転する人ばかりでよく事故が起きないな・・・)と思いましたが、違いました、毎日至る所で事故は起きているようです。大きな事故もけっこう発生しています。なので自分以外のドライバーは皆交通ルールは守らない人ばかり!と考えて注意するくらいがいいと思います。

そしてネパールは車やバイクがかなり増えてきていて、カトマンズ市内では渋滞がすごいことになっています。信号はほとんどないか機能していませんし、道路を走る全員が「オレがオレが」という考え方をしてつっこんでくるので、工事しているわけでもないただの交差点なのに、なぜか車が詰まってニッチもサッチもいかなくなることがしょっちゅう。

↑こちらはカトマンズのダルバル広場を横切る道。頻繁に渋滞するので、ほとんどの場合、この辺りを抜けてからタクシーを拾ったほうが早いです。近道なんですけど、渋滞にはまると何倍も時間がかかることもあります。

特に夕方は仕事帰りの人たちがかなり車やバイクを利用するので、カトマンズの主要道路はかなりの渋滞になります。バスやテンプーも人を満載して動いていますが、ルートによっては歩いたほうが早いくらいです。

大きな交差点では、警察官が信号代わりに合図を出して車を流していますので、さすがに少しずつ動きますが・・・夕方5時~6時くらいが最も混むような気がするので、この時間の移動を避けられるのなら避けたほうがいいと思います。

ネパールは道路の状態も悪いです。日本の道路なら、よっぽど田舎の県道とか走ったとしても、道に何個も穴があいていることなんて滅多にないですが、ネパールでは主要道路にもけっこう穴があいてます。市内の細い道は凸凹状態なことがほとんどです。

なのでバイクは滑りやすく転倒しやすい要素がたくさんあります。車間距離を詰めて走っていると、前に突然大きな穴が現れるということもあります。また、対向車の目の前に大きな穴があれば、それを避けるために反対車線に飛び出してくるということもしょっちゅうです。

そして、ここ数ヶ月で横断歩道が増えてきたネパールですが、基本的に歩行者は自分の好きなタイミングで自由に道路を横断してくるという点にも気を付ける必要があります。車の陰から突然歩行者が現れることはよくあります。歩行者としては、いくら待っても停まってくれる車はない、信号もないなら、無理やり割り込んで渡るしかないわけで。。。

自分が歩行者として道路を横断する時も、十分注意してください。基本的には道路を渡る時は走らないほうがいいです。急いで渡ろうとして走るとドライバーがびっくりするので、車との距離やドライバーの視線を確認しながら歩いて渡りましょう。

日本の皆さんを怖がらせるつもりはないんですが、ネパールはやはり発展途上国らしく、道路も交通法も運転マナーもまだあまり整備されていません。日本とは違うということを強く意識し、安全には十分な注意を払って過ごしてくださいね。

あ、ネパールは道交法も日本よりゆるいので、車でシートベルトをする義務があるのはドライバーだけ、バイクでヘルメットをする義務があるのも運転する人だけです。そのゆるさが気楽ではありますが、油断しないようにしたいものです。

そうそう、外務省発行の安全の手引きの中に、緊急時の連絡先や大使館の電話番号も書いてあります。メモして持っておくことをお勧めします。安全に注意し、万が一にも備え、ネパールライフを楽しみましょう!