大使館から緊急連絡ということで情報が届いています。2016年12月22日、カトマンズ盆地(カトマンズ市内やバクタプルなど含む盆地内)にて、バンダが予定されているようです。交通機関の停止のほか、トラブルに巻き込まれる可能性もあるのでご注意ください。

在ネパール大使館の注意喚起(バンダ16-30)

12月21日

マオイスト(チャンド派)によるカトマンズ盆地内におけるバンダ(ゼネラルストライキ)の予定について

ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

在ネパール日本国大使館

当館が入手した情報によれば、ネパール共産党マオイスト(チャンド派)は、燃料の値上げに対する抗議として、12月22日(木)終日、カトマンズ盆地内でバンダ(ゼネスト)を予定しています。

バンダの実施期間中は、公共交通機関が停止する可能性があるほか、走行中の自家用車・バイクがバンダ実施者から攻撃を受ける可能性があります。

なお、同グループは、本年バンダを実行した際、車両数台を放火したり、ネパール国内各所で携帯会社の通信施設を放火するなど、暴力性が確認されています。抗議行動を行うグループを見つけた場合は、極力近づかないように御注意下さい。

上記予定は、中止・変更の可能性がありますので、テレビやインターネットで最新の情報を入手して行動するよう心がけて下さい。

※ この情報は,お知り合いや旅行者等にもお知らせください。

※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら,大使館へ在留届を提出するようおすすめ願います。

※ 近く帰国・離任を予定されている方,または既に帰国されている方は速やかに大使館までご連絡下さい。

※ このメールの配信を希望されない方は,大使館までご連絡下さい。

大使館代表電話 4426680

※ 閉館時(休館日や夜間など)には、上記電話から緊急電話対応者に転送されます。

過去にもトラブルを引き起こしているマオイストが実施するものだそうですので、ネパール滞在中の方は気を付けてくださいね。