ネパールでは、今年もきれいな桜が咲きました! ネパールにはヒマラヤサクラという品種の桜がたくさん咲いていまして、日本とは半年ほどずれて秋(10~11月あたり)に咲くんです。そして桜と言えば日本!と考えがちですが、じつはこのヒマラヤサクラが原種なので、日本の桜もネパールからやってきたんだとか。

ネパールでは10~12月あたりがトレッキングシーズンで、旅行に訪れる観光客が最も多くなる時期。乾季に入って雨がほとんど降らないので、晴れ晴れとした青空の下、壮大なヒマールを眺めることができます。しかも桜を眺めながら!まさに旅行にぴったりのタイミングですね。

dsc04589

日本では桜といえば入学シーズンの象徴でもありますが、ネパールでも1月からビソバサ大学の授業がスタートする時期なので、ある意味入学シーズン!ネパールに長期滞在するためには、学生ビザを取得することが最も簡単かつ現実的な方法ですが、基本的には12月中に手続きする必要がありますのでご注意ください。

というわけでこれから留学のためにネパールにやってくる人が増えるんじゃないかと思いますが、それに関係する手続きの中で重大な変更がありましたので、お知らせしておこうと思います。

ネパールで大学生になり、長期滞在ビザを取得するためには、生活費をちゃんと確保しているよ!ということを示すためにバンクステイトメント(銀行残高証明)を提示する必要があります。入学手続きの際に大学で一回、学生ビザ取得の際にイミグレーションでもう一回です。

いわゆる見せ金ですが、この銀行残高証明、以前は以下の金額が必要でした。

  • 半年の場合…1,500ドル(相当する他の通貨でもOK)
  • 1年の場合…3,000ドル(相当する他の通貨でもOK)
  • 夫婦の場合は2人分ということで倍額必要

ですが先日学生ビザ取得のために手続きに行った友人から聞いたところによると、この必要とされる銀行残高証明の金額が大幅に値上がりしているそうなんです。僕は今カトマンズにいないので自分で確認を取れていないんですが、複数の友人から聞いたのでほぼ間違いないかと。

2016年12月現在、以下のように変更されていますのでご注意ください。

  • 独身、3ヶ月…1,500ドル
  • 独身、6ヶ月…3,000ドル
  • 夫婦、3ヶ月…2,500ドル
  • 夫婦、6ヶ月…4,500ドル

そして、以前はアメリカドルではなくて他の通貨(たとえばネパールルピーや日本円)の口座でもOKだったんですが、今は米ドルの残高証明のみ受け付けるということになっているそうです。

以前と比べて、ほぼ倍額が必要ということになりました。僕の友人がイミグレーションでの手続きの際に言われたことなので、ビソバサキャンパスでも他の大学でも共通の変更のようです。もし大学入学の手続きの際は以前の基準でクリアできたとしても、イミグレーションオフィスで学生ビザの申請をする際は、以前の基準での金額では通りません。

今トランプさんの影響で円安に振れているので、ドルをたくさん準備するのはちょっと大変だと思うんですが・・・この銀行残高証明分以外にも、入学金や授業料支払いのためにもドルは必要ですので、ネパールに留学予定の方は多めに準備しておかれることをお勧めします。ネパールに到着してからドルを手に入れようとしても、かなり大変です。

この変更情報、僕自身はまだカトマンズの各大学に行って確認したわけではないんですが、これからネパールに来ようとしている人たちにいち早く知らせたほうがいいかなと思いまして、ブログに書かせていただきました。

僕自身も来年からどこかの大学に通うつもりなので、自分の目で確認次第、またお知らせしていこうと思います。この変更に関して情報をお持ちの方(大学やイミグレーションでの手続きの際、ご自分で体験された方)がおられましたら、教えていただけると助かります。

ネパール留学のハードルがちょっと上がってしまったような気もしますが、見せ金は学生ビザを取得した後は使っちゃってもOKなものなので、上手にタイミングを計っていけば大丈夫かと。移住をご検討の方、ぜひくじけずネパールに来てくださいね!