ネパールには電車や鉄道の類はありません。地下鉄なんてもってのほか(トンネルすらないですからね)ですから、市民の足は車やバイクが中心です。一番便利な移動手段は、たぶん自分のバイクを持つことだと思います。でもネパールに来たばかりだったり観光で訪れている人にとっては、バイクの運転はハードルが高いですよね。

でもご安心を!ネパールはバスなどの交通網はそれなりに整備されていまして、バイクなしでも観光や生活には困らないレベルだと思います。カトマンズなんかは人口密度がけっこうアレなので、めっちゃ混んではいますけどね。

このブログでも、市内を走るバスやマイクロ、テンプーやタクシーなどをご紹介してきましたが、別のネパールならではの乗り物もあります。それが『リキシャ』です。インドにもたくさんありますし、他の国にも似たようなものはけっこうあるんじゃないでしょうか。

dsc01185

ネパールにあるのはこういう自転車を改造したようなやつで、日本の人力車とは形態が違いますね。ちなみに「リキシャ」というのは英語の「Rickshaw」から派生した言葉ですが、この「Rickshaw」は日本の人力車から派生した言葉だという説が有力だとか。

日本語の人力車が英語のリクショーになり、それがインドやネパールでリキシャになったと。ちょっと回り道して帰ってきたみたいな言葉の変化もおもしろいものですね。

このリキシャ、ネパールではタメルなど観光地でよく見かけます。ほかにも南のタライ平野の都市ではほとんど坂道がないため生活に自転車を利用する人が多く、リキシャを営業している人も多いようです。

リキシャは、タクシーを使うほどの距離じゃない、もしくはそこまで急いではいない場合のタクシー代わりのようなものです。50~100ルピーくらいでちょい乗り(数百メートルくらい)することが多いんじゃないでしょうか。僕はネパールに旅行で来ていた時、ゲストハウスを移る際の、次のゲストハウスまでの移動に使ってました。自分は乗らずにスーツケースだけを載せてもらったりして。

dsc01186

リキシャの運転手(?)は、おじさんたちもいて、あまり無理はさせると申し訳ないので・・・じつは自分で乗ったことはありません。これが仕事ですから、使ってあげたほうがいいんでしょうけど。荷物運びの時も、僕は荷物を乗せて僕は並行して歩くというパターンばかりですね。

リキシャはカトマンズ市内の観光に使うこともできます。というかそういうケースのほうが多いかと思います。その場合は幾つか目的地を周ってもらうこともできますし、お任せで案内してもらうこともできます。

○○を食べたい!とか、○○を買いたい!などリクエストすれば、地元をよく知るリキシャドライバーに案内してもらえる・・・という人もいるんですが、めちゃくちゃ良いチョイスをしてもらえると過度な期待はしないほうがいいかも。プロのガイドではないですからね。

事前プランなしの行き当たりばったりの観光をのんびり楽しもっかなという気持ちで、利用してみるのはいいかと思います。こういう体験を通して、ネパールという国や人のことが分かってくるんじゃないでしょうか。料金は事前に交渉して決めておくことをお勧めします。

そして、カトマンズではあまり見かけませんが、このリキシャがグレードアップしたのが『オートリキシャ』です!カトマンズで決まったルートを走っている電動のテンプーという乗り物がありますが、それとほぼ同じような車じゃないかな。

こういうやつです!

dsc03734

テンプーはバスのように決まったルートを走っていますが、オートリキシャはタクシーのような使い方をします。このタイプなら基本は後部座席にお客さんが3人乗れまして、がんばれば後ろ4人に前1人、合計5人乗ることもできました。

dsc04568

僕が住むネパールの田舎町にも少数ながらオートリキシャが営業していまして、ちょい乗りから、ちょい遠乗りまで対応してくれるので助かっています。1時間くらい先の町までも、一人100ルピー×5人乗せて行ってくれたこともありました。

ネパールで車を買おうと思ったら、関税がかかるため軽自動車でも200万ルピー(200万円)くらいするんですが、このオートリキシャは60万ルピーくらいで買えるそうです。じつはこの写真のリキシャもちょうど買い手を探している新古車だったらしく、54万ルピーと言われました。50~60万円だと買えない金額じゃないので、けっこう迷いましたね~。

あんまり長距離は行けませんが、オートリキシャがあれば便利だからなぁ・・・そんな迷いを見せながら、ちょっと試乗させてもらったりもして。笑

dsc04544

この写真、ちょっと見えにくいと思いますが、中にいるのがネパール人ドライバーと僕です。操作を教えてもらっているとこ。ちょっと運転してもいい?→いいよ!となるのが、ネパールの良いところですよね。この適当さ、日本ではありえないと思いますが、ネパールなので楽しい体験させてもらいました。

オートリキシャを運転してみると、バイクみたいで、なおかつバイクよりも簡単でした。前輪がひとつなので小回りも聞きます。スピードは時速20キロくらいしかでないですが、これいいですよね。めっちゃ欲しい・・・!

運転しながら、オートリキシャを使った観光ガイドってことでビジネスを立ち上げられないかなぁとか考えてみたり。詳しく調べてないので現実的ななのかは全然分かりませんが、一台買って、一人ネパール人を雇えばいけますかねぇ?

そんなふうに夢がどんどん広がるオートリキシャですが、純粋に楽しみながら乗ってみるのも良いと思います。ネパールといえばやっぱりビスターレイ(ネパール語でゆっくり。ネパール人の口癖)ですから、リキシャやオートリキシャでのんびり街をまわってみるのも楽しいんじゃないでしょうか。お勧めです!