少し前に某地方議員さんが「ネパール旅行のため」ということで議会を休んでバッシングを受け、でもそれのおかげで「ネパールってそんなイイとこなの?行ってみたい!」と、ちょっとした観光促進効果が表われているらしいネパールですが、その通り乾季の今はトレッキングに最も適したシーズンに突入しております。

去年の今ごろは日本に居たのと、ネパールは燃料(ガス・ガソリン)不足だったので観光らしい観光はできなかったんですが、今年はちょっくらヒマールを観に行こう!と思い立ち、行ってまいりました。

ネパールには標高8,000メートルを超える山が8つ、それ以外にもたくさんのヒマール(年中雪を被っている山のこと)が観える、世界有数のトレッキング大国です。山に登ってみるのも楽しいんですが、今回はその8大ヒマールすべてを一望できちゃうと噂の『エベレスト・パノラマ・リゾート』というところで、壮大なパノラマ楽しむことを選びました。

カトマンズからならバスで5時間くらい、このホテル自体は標高2,500メートルくらいのところに位置しているんですが、ホテルのWebサイトを見ると確かに8大ヒマールだけでなくかなりの山々のパノラマを望めるよう。そんなに一気に観えるとこってネパールでもあまりないんじゃないかなぁ。

公式サイトはこちら⇒ Everest Panorama Resort

そして今回このホテルに泊まってみようと思ったのには、もう一つの理由があるのです。それは何と、こんな辺境の地のホテルなのにサウナ&ジャグジーがあるということ!ゆっくり浸かれるお風呂、しかもサウナ付とあっては、かなり冷える場所にあるとはいえ行かずにはいられないでしょ!と思ったのです。

というわけで思い立ったその日にネットで予約を入れ、次の日には出発!というネパールらしい旅行プランでパノラマ・リゾートに乗り込むことに。途中、故障のため乗ろうと思っていたバスが来ないというハプニングもありましたが(その日の最終便だったので困りましたが)、ヒッチハイクによって到着することができました。

GPSを作動させたスマホでグーグルマップを見ながら、ちょうどこの辺りかなーと思ったところで降ろしてもらい、出くわしたのがこの看板!

dsc04503

バイクだったらもう少し近づけたんですが、ハイウェイから200mほど山の中に延びる歩道を行く必要があります。あ、ちなみにネパールのハイウェイっていうのは、日本でいうと田舎のあまり舗装されていない道路レベルです。

そして5分ほど歩くと、山の中に作られたこんなホテルが見えてきましたー!

dsc04432

皆さんの想像の上をいくか下をいくか分かりませんが、これが『エベレスト・パノラマ・リゾート』です。

dsc04426

フロントがあるのは、このオフィス的建物。この先に展望台とレストランもあります。

ここでオーナーに会いましたが、インターネットで予約してたはずが何もみておらず、予約はできていませんでした。でも空き部屋があったので問題なし!僕もたぶんネット予約なんてできないだろうなーと思っていました。満室だったら近くの別のゲストハウスに行こうと考えてもいましたが、たぶん満室ってことはないだろうと思っていた通りで良かったです。

dsc04428

部屋はこんな感じ。これで一泊2400ルピーほどでした。あとで写真を載せますが、食事を付けたりチヤやコーヒー飲んだりしたので、合計で3千ルピーちょいでした。それをちょっとミラウネしてもらって3千ちょうどということに。最初はちょっと高いなと感じましたが(この辺りの安いゲストハウスなら300~500ルピーくらいなので)、へんぴな場所にあるにしては中々のクオリティを維持した施設や食事でしたね。

ここはかなり冷え込みますが、このベットの布団とシーツの間には電気毛布が仕込んであるというナイスシステムのおかげで、暖かく過ごすことができました。これいいアイデアですよね~。ちなみにWifi完備、部屋にはホットシャワーもついています(お湯は朝沸かした分がなくなったら終わりだそう)。

そしてそして、部屋から観える絶景のヒマールパノラマの写真がこちら!

dsc04460

これは朝撮った写真ですが、夕日や朝日の時もすんごくきれいでした。噂に違わない素晴らしいヒマールが観れて、大満足なポイントです。

dsc04433

レストランと食事はこんな感じ。

dsc04447

夕食・朝食ともにベジかノンベジかを選べます。僕は今回、夜はベジカナ(肉なしのダルバート)、朝はノンベジをチョイスしました。でもご飯は高いです!このダルバートが500ルピーしますので。

dsc04456

基本的に食事はネパール風で、夕食はダルバートしかないということでした。他にはチョウミンやタンドリーチキンなどの一品料理的なカジャを注文することもできるそうです。あまり変わり映えのしないメニューではありますが、美味しかったですね。ソーセージとか何か月かぶりに食べましたし。

部屋、料理、景色となかなか満足のいくものだったんですが、ここで気になるのはサウナ&ジャグジー! 公式サイトの写真を見てみると、何かネットでどっかから拾ってきたような写真を貼ってるだけのようにも見えなくもなかったのですよね(笑)。

なので半信半疑ながらタブレットを示し「これこのホテルのサイトでしょ?このジャグジーってあるの?バスタブに入れるの?」と聞くと、何と、「あるよ」という返事。おおおお!

でもすぐに続けて「でも壊れてるよ」と。ええええ! そしてもう修理する予定はないらしい。もおこれだからネパールは!

でもでもよくよく聞いてみると、ジャグジーは壊れてるけどサウナは入れるとこのこと。再び、おおおお!

僕の本命はジャグジーだったので残念だったんですが、翌日合流予定だった友達がサウナに入りたいと言っていたので、実際のところどんなものなのか見せてもらうことにしました。ネパールってほら、こういうサービスに期待して来てみたら、思ったよりショボくてがっかりすること多いでしょ?

ところがどっこい、良い意味で期待を裏切られまして、予想よりきれいで良い感じ。

dsc04497

ドライサウナとスチームサウナの両方が使えて、一人で使うと1時間千ルピーです。

dsc04498

でも二人で使うとひとりあたり500ルピーになるのかというとそうではなく、3人で使うと一人800ルピーに下がるそうです。何人でどれくらい使うのかによって値段が変わるので、その都度応相談ってことらしいですね。

dsc04499

そしてこれが壊れて使わなくなったジャグジー。ネパールではあまり需要がないんでしょうかねぇ。ネパール人はお風呂に浸かるという習慣がないですし、欧米系の外国人もあまりバスタブは入らないものなのか、直しても採算が取れないんだとか。日本人が来るたびに風呂直せと言ってたら修理するかもしれないので、よかったら言ってください。

ここまで書いておいてアレですが、結局サウナも入りませんでした。僕としては夜お風呂&サウナを楽しみたかったんですが、サウナもホットシャワーも基本的には午前中しか準備しないそうなんです。生活習慣の違いですねぇ。宿泊翌朝は友達と合流して次のポイントに行く予定だったので、サウナもあきらめたのでした。

でも大体の値段とシステムが分かったので、次はサウナの準備をして来てみてもいいかなーと思いました。もっと寒い季節になったら雪も降るところなので、ぐっと冷え込んだ日とかに来てサウナというのも楽しそう~。

dsc04462

そんなこんなでこちらの『エベレスト・パノラマ・リゾート』、めちゃくちゃ高いわけではない値段でそこそこの料理とサービス、暖かく過ごせる部屋なので、なかなか良かったです! そして秋~冬にかけての乾季なら、8大ヒマールを一望できる素晴らしい景観を楽しむことできるのでお勧めです。

本当に8,000メートル級のヒマールが全部観えるのか?ですが、確認してみたところ、確かに全部観ることができたのもびっくりでした。まあエベレストとかは方角的に頭がちらっと見えるだけという感じではありますが。

ネパールではいろんな地点からヒマールを観ることができますが、こんなにはっきりくっきりとした山々を観られるポイントは他にはあまりないと思います。宿泊した日は天気に恵まれていたというのもありますけどね。晴れて空気が澄んでいたおかげで、夜は星空もきれいでした。

ネパールと言えばポカラなど有名観光地もあり、そういうところでもヒマールが観えるんですが、意外な名所は他にもたくさんあります。旅行先に迷ったり、少しマイナーな場所にも行ってみたいと思われましたら、ぜひこの『エベレスト・パノラマ・リゾート』も検討してみてくださいね。