10月になり、ネパールは雨が少なくなり、ぼちぼち乾季に入って来た感があります。10月~12月あたりがネパールはトレッキングに適したシーズンですので観光客が増えてきます。去年は地震や燃料不足問題によって移住者も観光客も過ごしにくいネパールでしたが、今年はまあまあ人数が集まっているんじゃないでしょうか。

過ごしやすいこの時期から、ネパール移住生活をスタートさせる日本人も多いようです。観光ビザを上手に使えるタイミングでもありますしね(ネパールの観光ビザは年間最大150日までです)。ネパール移住している僕の友人たちも、夏に日本に帰省して秋くらいに帰ネパというパターンの人が多くて、イベント時など懐かしい顔に会えるのが楽しみです。

旅行の人はあまり意識しないと思いますが、これから数ヶ月か数年かネパールに住もうとしている移住者の場合、スーツケースの中身をどうするか悩みに悩み、厳選してくるかと思います。衣服、日用品、食料、電子機器などなど、必要と思われるものはたくさんあって迷いますよね。

ネパール生活が長くなるとだんだん要領が分かってくるものかと思いますが、実際に海外に住んでみて初めて、自分に何が必要なのか分かるという人も多いんじゃないでしょうか。僕も自炊するイメージで調味料いっぱい持ってきたのに余ったり、お菓子は予想以上に早くなくなってしまったり、服はネパールで買っても良かったなとか、靴をもう一足日本で買ってきておけば良かったとか、まだまだ試行錯誤しています。

なので欲しいもの必要なものは人によって違うわけですが、これからネパールに来ようかという人はなかなかイメージがわきにくいものかと思いますので、僕が日本から持って来て良かったと思うものを幾つかご紹介しておきますね!

あ、でも上手に自炊できる人には役に立たない情報かと思います。というか、アラサーであんまり料理しない僕の情報が参考になるとしたら、同じようなめんどくさがりな独身男性だけかもしれませんが・・・

というわけで、最初は「日本人移住者にお勧めの日本食」みたいな感じでご紹介しようと思っていたんですが、まとめてみたらレトルト食品しかなかったので、お勧めレトルトの紹介となりました。一応見てもらえるでしょうか(笑)。

 

●おすすめレトルト食品(和食系)

僕はレトルトを大量に持ってきていまして、ご飯作るのが面倒な時というより、ちょっと美味しいもの食べてリフレッシュしたい時に食べてます。ネパールでは、レトルト食品はワンランク上の美味しい日本食なのです。

カレーとかハヤシライスのも持ってきていますが、和食系のもの多いかな。

 

ご飯はネパールでも炊けます(一応日本の古米とかも手に入ります)ので、ご飯に合うおかず系・どんぶり系があれば、その日の幸せ度がぐっと増します。特に牛丼は常温保存できるレトルトが買えますから、持ってくることお勧めです。甘辛いタレで柔らかく煮こまれた牛丼、ネパールではまず食べられませんので。

 

僕がネパールでは滅多に食べられないけど時々無性に食べたくなるもののひとつは、さばの味噌煮!あと、さんまの蒲焼とか、お魚系ですね。缶詰もありますが、重さを考えるとレトルトパックのが良いと思います。月1~2回でも食べられるよう、僕は上記のレトルトなどを買ってきています。

 

●おすすめレトルト食品(パスタ系)

レトルト系でもうひとつ忘れてはならないのは、パスタソース。美味しい洋食もネパールでは滅多に食べられませんが、パスタを美味しく食べられる用意があれば大丈夫。一応イタリアンレストランはネパールにもありますが、カトマンズやポカラなどに住んでいてしょっちゅう食べに行けるのではない限り、外食はたまの贅沢です。

そしてイタリアンレストランでも、日本人だけが好きそうなテイストのは余りありません。たとえばこういうのです。

 

僕はパスタ系のレトルトも大量に持ってきていますが、中でもお気に入りはこういう海鮮系。カニのトマトクリームとか、ウニと生クリームソースとか、他にもエビやイカスミ、タラコなどをアレンジしたものは、ネパールではホント貴重品! ネパールにあるはずがない味なので、たまの自分へのご褒美として食べます。

パスタ自体はネパールで自分で作ることもできますし、レストランでカルボナーラなども食べられますが、こういう海鮮系のものは材料がないので作りようがないですからね!

 

●おすすめ調味料

隣りに住んでいるネパール人から「いつもご飯しか炊いてないのに何故か部屋から美味しそうな匂いがする」と言われる僕ですが、毎日レトルトばかりじゃなくて、それなりに自炊もしておりまして。

調味料も色々持って来ていますが、お勧めなのはこの2つ!

まずマヨネーズですが、ネパールでは欧米的なのか変なマヨネーズしか手に入りません。そしてじつはネパールの日本食専門店でも買えるんですが高いので、僕は一度に3~4本マヨネーズを持ち込みます。

そして焼肉のタレ!これがあれば水牛の肉でも美味しくなりますし、鶏肉も簡単にご飯に合う甘辛い味付けになるので、とっても便利。種類は色々あるので、通販取り寄せで色んな味を試したいと思っています。

他の調味料ですが、醤油はバトバティーニで買えますし、味噌やみりん、めんつゆ、ポン酢などは日本食専門店で購入できます。パタンに住んでいる人は近いので、ちょっと高いですがネパールで買えるものはネパールで買うというのも一つの手です。

 

一応自炊するけどあんまり上手じゃないしめんどくさがりな僕みたいな人にとっての頼もしい味方が、こういう調味料ですね。炒め物でもスープでも、これひとつで味付けOK!的なやつです。僕は焼き飯によく活用させてもらってます。

ウェイパーを使っている日本人は多いんじゃないかと思いますが、僕は一つの味付けだと飽きてきちゃうので、こういうチューブ系調味料を幾つか持ってきています。

 

●おすすめ調味料(トースト用)

ネパールでは日本ほど美味しくはないものの、パンやドーナツが手に入ります。これらをアレンジすればステキやん?と前回の帰国時に思い立ったので、ネパールにこんなものを持って来てみたんですが・・・

 

これがまたグッジョブ! いま田舎暮らしなのでカトマンズレベルのパンすら手に入らず、そこそこの食パンとドーナツくらいしかないんですが、これのおかげで美味しくアレンジすることができています。最近はドーナツ屋さんまで持っていき、揚げたてにかけて食べちゃったりして。

 

そしてパンにつけて美味しいのは、こういうソースもあります。幾つか持ってきておけば、味気ないパン生活にも彩りがアップ! おにぎりの具にもアレンジできる、なかなか便利なアイテムで、お勧めです。

 

いかがだったでしょうか。だんだん便利になっているネパールですが、日本人が欲しいものが全部手に入るわけではありません。なので、長く幸せに良い働きをするために、自分のモチベーションのために必要なものは持ってこないといけません。

日本食とかお菓子とかは食べなくても死にはしないので後回しになることもありますが、幸せ度にけっこう影響しますので、ぜひ妥協せず、食べたくなりそうなものを持ってくることをお勧めします。

続々とネパール入りする人が増える時期ですが、僕はそろそろ次の帰国予定を立てているところです。日本はすごいもんで、帰国のたびに便利なもの・新しいものが増えていて驚きます。お菓子とか次々新商品が出ますしね。次はどんなものを持ってこようかな~、皆さんも何かお勧めがあったら教えてくださいね!