ネパールの山のほうに住む僕は今朝、久しぶりにユニクロのウルトラ・ライトダウンを着て出掛けました。昼過ぎには晴れて暑くなってきましたが、だんだん寒いくらいの季節になってきた気がします。

ネパールでは秋になると、大きなヒンズー系の祭りが続きます。その最初になるのが先週の木曜から始まっている「インドラ・ジャットラ」で、カトマンズではクマリの少女を観られる日として盛り上がっています。色々な宗教儀式が10日ほど続き、一部祝日にもなっています。

外国人観光客も多く訪れるインドラ・ジャットラですが、僕はこれを見聞きするたびにクマリの少女がかわいそう…と感じます。この儀式に関してはちょっとググればすぐ情報が見つかりますが、3~5歳の時に親元から離され連れてこられ、祭りの時にしか外に出られないんです。しかもクマリは喜怒哀楽を表わしてはいけないと教えこまれるそう。10年くらいこんな生活を強いられるなんて、どんな子になっちゃうことやら。。。

クマリに選ばれた少女は普段、みんなの願いが叶いますようにと祈っているそうですが、いやいや君こそ早く大変な仕事から解放されて幸せになれますように!と祈ってあげたい。そんなことをカトマンズの外から考えていました。

じつはこのインドラ・ジャットラで盛り上がるのは、ほぼカトマンズだけ。やっぱりクマリがこの祭りの重要な位置を占めるからか、クマリがいない田舎では、この祝日に特別なことをしている人は少ないです。休みになる学校もありますが、通常通りの学校やオフィスのほうが多いようで。

しかしこの時期、インドラ・ジャットラとは直接関係はないものの、一応大型連休のひとつであるこの期間を利用したイベントが、ネパールの地方各地で開催されているんです。その名も「メラ」! 今年は少し足を延ばし、そのうちのひとつに行ってみたのでした(メラというのはネパール語で、催し物やイベントのことです)。

dsc03565

ネパールのメラは、田舎町の空き地や学校の運動場などに臨時のイベント会場を設置し、アトラクションや買い物を楽しむ催し物です。田舎と言っても、一応そこそこの人数が集まり売り上げが見込めそうな場所で開催されます(実際に採算がとれるかは別にして)。

ゲートをくぐって、イベント会場を眺めるとこんな感じ。

dsc03646

観覧車やメリーゴーランド的なアトラクションを始め、けっこう大掛かりな設備が運びこまれていてビックリでした。

dsc03702

近くの川をせき止めて、ボートでも遊べるようになっていたり。

入場料は40ルピー(約40円)で、各アトラクションは50~70ルピーくらいで楽しむことができます。随所にネパールらしさが見えて、なかなか興味深いものです。

dsc03577

たとえば小さい子が乗ってぐるぐる回る、この車のアトラクションは、おじさんが手で回してくれますし・・・(笑)

dsc03574

ネパール名物・ハイスピード観覧車も楽しんだりできます。ネパリの友達がこれを指さしながら、「怖くない?乗れる?」と聞いてきましたが、「うん、(乗ってる途中で壊れそうで危険って意味で)ちょっと怖いかな」と答えました(笑)。

ネパールの観覧車って日本の数倍のスピードで回るんですよねー。これを見かけるたび、あれ観覧車って絶叫マシーンだったかな・・・と、ちょっとコンフューズするくらい。日本ではありえないスピードと、大丈夫かな壊れないかなというドキドキを味わえるので、絶叫マシーン好きな人はぜひどうぞ。

dsc03578

メラではたくさんのお店が出ているので、買い物も楽しめます。

dsc03583

ふだんこういう田舎町では買えないようなものも売られていて、物珍しくはありました。ただまあ、日本人が思わず買いたくなるようなほど良いものはないですけどね。

dsc03622

でも子どもたちは、ふだん見ないオモチャに大興奮!

dsc03623

一緒に中に入って面倒見ていた子(友達の子ども)が欲しがっていたのがコレ。甘やかさない方針なので何も買い与えなかったですが、子どもってわけ分からんもの欲しがる時ありますよねー。

dsc03620

こちらは「お、餅つきしてるのかな?」と思って近づいてみたら、何かの穀物を脱穀していたという。他にも衣装を揃えている人たち、個人的にかなりオシャレしてきている人たちもけっこういました。

dsc03628

イベント会場らしくステージも設置されていて、週末は様々な催しが開かれていました。トークショーやコントなどはネパール語の勉強にもなりましたが、ネパールの笑いはあんまり理解できなかったなー。何か大声で無理やり盛り上げてるみたいな。

dsc03637

ダンスコンテストもありました。女の子がほとんどでしたが、ここはあえておじさんの写真をアップしてみます。この日のために一生懸命練習してきた感じが、切なさと共にちょっと感動を呼ぶようなダンスでした。

dsc03639

偉そうな審査員たちに、けっこう辛口コメントをもらってましたけどね(笑)。それだけ真剣なコンテストだったということでしょうか。日本の田舎ではのど自慢コンテストとかやってそうですけど、ネパール人はダンス好きが多いので、ダンスコンテストが開かれることが多いみたいです。

いかがだったでしょうか。このメラは次の土曜まで開かれているので、また行ってみようかなと思っています。今年はまだ見てないんですが、バイクショーとか見応えあるらしいですし。

ネパール観光している人は、カトマンズ周辺の大きなお祭りを観に行くことがあると思いますが、こういう地方のイベントも中々おもしろいものです。ほとんどローカルのネパール人向けに催されているので、ネパールらしさを感じられますしね。

メラは今週いっぱいくらいまで各地で催されています。近くにイベント会場があれば、ぜひぜひ訪れてみてください!