ネパールに住んでいると、為替市場が少し気になります。円でお金を稼ぎ、ネパールルピーで生活していくことになるので、どのタイミングで両替すればお得か、チャンスを探っているわけです。

当然ながら為替市場の動きを100%読み切ることはできませんし、いつも両替えしたいと思ったタイミングでできるわけではありませんが、今は去年の今頃よりは円高でちょっと有利です。でもクロス円(特に米ドル円やユーロ円)が一気に円高になったとしても、ネパールルピー円は動きが少なかったりします。直接ネパールと日本でお金のやり取りすることがほとんどないからだと思います。

そもそもネパールルピーは世界的に見ればあまり価値のない通貨で、だいたいインドルピーの値動きにひっついて上下するおまけみたいなもんですからね。ただ発展途上国らしく、銀行の利息はかなり高いです。年10%以上つくこともあるので、余裕があればネパールの銀行に預けておくことをお勧めします。でも言うまでもなく、ネパールルピーが暴落して紙切れになる確率は、先進国より断然高いこともお忘れなく。

そんな、通貨の信用度があまり高くないネパールだからか、ビザ代や大学の授業料などを支払う時は、米ドルを指定されることがあります。と言っても以前は米ドルで支払わなければいけなかったものの、最近はルピーでもOKになったりしていますが、いつまた「米ドルじゃなきゃダメ!」となるか分かりません。こういう大事なことが予告なしにコロコロ変わるのがネパールなので。

DSC06932

たとえばビソバサ大学の入学金&授業料は米ドルで支払う必要があります。でも銀行残高証明は、ルピーや円の口座でもOKということになっています今のところ。でもいつ変わるか誰にも分からないので、米ドル口座を作っておくことが一番無難です。

一度ネパール入りした後は、外貨をネパールルピーに替えるのは簡単です。銀行や街の両替屋さんで行なうことができます。でも日本円を米ドルにしたり、ルピーを米ドルにするのは至難の業。銀行では受け付けてくれない(法律で決まってる)ので、個人的に両替えしてくれる人を探すしかないということになります。

ですからネパールで使う米ドルなどの外貨は、日本で準備しておく必要があるわけですが、皆さんはどこで両替されてますか? 近くの銀行? 僕は毎回ネパールに来る前、必要な米ドルと中国元(途中トランジットで一泊するので)を準備する際、ふたつの便利なサービスを比較検討して利用しています。

ネパールのみならず日本でも田舎に住んでいる僕は、ちょっと外貨を手に入れるのも一苦労なんです。僕の実家がある市には中国元を置いている銀行がないですし、米ドルのレートもかなり手数料が上乗せされています。なので買い物などで都市部に出る用事があったらついでに両替をしたりもしていたんですが、時間もかかって面倒くさい!そしてあんまりお得でない!

ということで見つけたのが、上記2つのサービスです。どちらも外貨の種類によって、そして時期によってレートが変化しますので、両替えしたいタイミングでドルと元を見比べて、お得なほうで両替しています。金額にもよりますが、自宅に宅配してくれるというのも助かりますね。

ネパールで学生ビザを取得し長期滞在しようと思っている人は、大学の入学金&授業料のために米ドルが必要です。銀行残高証明のためにも米ドルを準備しようと思ったら、半年分として最低でも1,500ドル(一年なら3,000ドル)準備しておかなければなりません。

準備期間に余裕がある人は、数ヶ月レートをチェックしながら、お得だと思うタイミングで両替しておくことをお勧めします。まあ、素人が為替の動きを読めるはずもないので、僕もいつが両替にいい時なのかは分かりませんけど。

そうそう、ネパールでも米ドルや日本円、ユーロの銀行口座を作ることはできますが、預金を引き出す時はルピーになってしまいます。窓口でもATMでもです。ですから大学やイミグレーションに支払う予定の米ドルは、自分で保管しておくしかありませんのでご注意ください(口座を解約すると外貨のまま戻ってくるという銀行もあるようですが)。

なので自宅で現金を保管する場合は、場所をちょっと工夫しておいたほうがいいですね。僕は冷蔵庫の中とかゴミ箱の中とかに置いておいたこともあります。あ、今はまた別のところに置いてますからね! 狭いワンルームですが、ちょっとやそっとじゃ見つからない場所です。来てみんさい泥棒っ!(笑)