僕は田舎からカトマンズに来る時、カランキ到着のバスかスモに乗ります。そしてカランキからまた各地に向かうバスに乗り換えるんですが、先日カランキチョーク(交差点)に着いてみてびっくり。

交差点にかかっていた陸橋がなくなっていたー!!

DSC03169

DSC03170

橋の耐用年数とか詳しいことは分かりませんが、ネパールは日本よりも基準が低く、そうそう作り変えるものじゃないと思っていたんですが・・・けっこう丈夫そうに見えていた橋が撤去されていて驚きました。

という出来事があったのが3週間くらい前だったかな。今週またカトマンズに出てきたんですが、新しい陸橋を作る気配がありません。まあなくても大丈夫と言えば大丈夫なんですが、歩行者としては陸橋があると便利なんですけどねぇ。ここ交通量多いので。

ネパールでは最近、道路整備にお金をかけるようになってきています。広い道路の中央線がきちんと引かれたり、無理な追い越しができないようにセンターラインにコーンが置かれたり、ちゃんと横断歩道ができたり。

日本ではあって当たり前のものばかりですが、ネパールにはないのが普通だったので、急に出現するとびっくりします。交通マナーもだんだんよくなるといいんですが・・・。

個人的にちょっとビックリしただけって話ですが、カトマンズもしばらくぶりにやってくると変化しているものですね。日本の実家に里帰りする時も、いろいろ変わってるんだろうなぁ。