僕はファッションにあまり興味がないほうなんですが、ネパール人はオシャレ好きな人が多い気がします。最近は伝統的なサリーやクルタスルワールではなく、洋服を着ている女性が多くなりました。男性はダウラスルワールという民族衣装を着る人はほとんどおらず(一部の年長の人たちくらい)で、洋服を着る人がほとんどという感じです。

ただファッションセンスがあまりない僕が言うのもアレですが、ネパール人の若者のファッションセンスはちょっとアレ?な感じが多く、「え、それカッコイイと思ってんの?ぷぷぷ(笑)」という格好をしている男の子とかよく見ます。なかなか品がよくてオシャレな服装をしている子がおらず最近の服装の乱れを嘆いてしまうあたり、僕も歳とってきたってことでしょうか。

ということでネパールに来るとちょっとくらい変な格好をしていてもあまり気にされないんですが、やはりイイ歳した大人としてふさわしい範囲内に収まっていたいので、一応気を付けています。

ネパールはフォーマルな場でもネクタイをしていないこともあるくらいなので、日本ほどかっちりした服装ルールがない分、僕は過ごしやすいんですけどね。比較的フォーマルな雰囲気のミーティングでも、僕はほとんどネクタイをすることはありません。

ネパールにおける男性のフォーマルな服装についてはある程度分かっているんですが、先日女性の服装はどこまでがふさわしい範囲なのかと聞かれて、そういえばよく分かってなかったので、友達に聞いたり調べてみたりしました!

ネパールできちんとした感じの会合や式典に出席するなら、民族衣装であるサリーかクルタスルワールを着るのがお勧めです。サリーは知っている方が多いと思いますが、こんなやつで。

DSC02208

カトマンズ市内なら至るところにこういうサリー屋さんがあります。

DSC02207

ネパールは100以上の民族がありますので、それぞれの民族衣装があり、女性ものは色んな民族のものを見かけます。チベット系のドレスとか華やかですね。

サリーとクルタスルワールはどちらも比較的フォーマルな場でも通用しますし、普段着としても使える便利な服です。ただサリーよりもクルタのほうが着ている人が多く、着やすいので(サリーは一枚布を巻き付けて着るので、初心者が一人で着るのは難しいそうです)、ネパールに住み始める外国人女性は、最初はクルタを作ってみるのがお勧めです。

これらの民族衣装を着る時の身だしなみのルールは、そのまま洋服を着る時にも当てはまりますので、ネパールに住む外国人女性はトラブルを避けるために次の基本ルールから逸脱しないよう注意することをお勧めします。

 

まずネパールでは肌の露出があると、はしたないとみなされます。夏は腕のところが半袖だったり透けていたりしている服も大丈夫な範囲のようですが、とくに首元と脚は、洋服の場合でも暑くても露出しないように気を付けてください。

ネパールの学校制服ではスカートが普及していますが、ネパールの女の子たちは皆スカートを着たうえでスルワール(ズボン)も履いています。それぐらい素足を出さないことは徹底していますので、外国人であっても短いスカートやショートパンツで出かけるのは年長者からひんしゅくを買うことになりかねません。

ただし靴下は履かなくても大丈夫なようです。むしろ冬でも靴下を履いてない子、サンダルだけの大人のほうが多いです。足元の冷えには強いのかな、ネパール人。

首元を隠すことも基本マナーのひとつだそうです。サリーでもクルタでも、ショールやストールがセットになっていて、首元に巻き付けている女性がほとんどです。あるネパール人曰く、「ショールを巻かずに首元をさらしているのは、スカートを履かずにパンツ一丁で出歩くのと同じくらい恥ずかしいこと」らしいです。

ちょっと理解しにくい感覚ですが、年長の方の中には特に、こういう考えの人も多いということで。実際にはショールを巻いていないネパリ女性も見かけますが、じつはクルタではない別の衣装だったり、外国人には分からないけど許される着こなしをしているゆえかもしれないので、ネパール滞在初心者はとりあえずショールを巻いておくことをお勧めします。

DSC02261

この写真の女性のように、ショールで首周りをしっかり隠すというよりは、とりあえず首にかけてたらいいみたいですけどね。

このようにネパールでは民族衣装を着る際も、洋服を着る際にも、肌を露出しない!ということを念頭において着こなしを楽しんでください。あ、でも例外はありまして、お腹は出してOKという特別ルールもあります(笑)。

クルタスルワールはそういう作りにはなってないですが、お腹ばーん!と出してサリーを着ているおばちゃんたち・おばあちゃんたちが大勢います。なぜかは分かりませんが、感覚的な問題でしょうかね、お腹は出していいし、むしろ出さないと美しくサリーを着こなすのは難しい!と考えているような気がしないでもない。

というわけでネパール移住を始めたばかりの外国人女性はクルタスルワールを着て生活し始めるかと思いますが、初心者脱却を目指す人はサリーを着てみるといいかもしれません。首元にショールがないと恥ずかしい、お腹は出してないと落ち着かない、くらいの感覚になってきたら、すっかりネパリ化しているということになるかと!