ネパールの主食は米で、ネパール人たちは朝9~10時くらいに食べる朝ごはんと、夜8~9時くらいに食べる晩ご飯は、大体お米を炊いてダルバートを作ります。米を食べないと一日が始まらない!米食わねえと一日が終われねぇ!という人が多く、毎回けっこうな量を食べます。

でも朝ごはんから晩ごはんまでの時間がけっこうあいてますよね。その間お腹空いたらどうするのかと言いますと、このブログでもたくさん紹介しているカジャ(おやつや軽食)を一日に数回食べます。

このカジャは、けっこうしっかりした食事になっていることもあり、ご飯の時と同じくらいタルカリ(おかず)を作って食べることもあるようです。ネパール人にとって食事は大事なので、けっこう時間かけて作るんですよね。

食べる時はガーッと飲むように食べるので数分で食べ終わっちゃう人も多いですが。でもその数分の食事のために、1~2時間かそれ以上時間をかけることがよくあります。

でもネパール人のこだわりなのか習慣なのか、朝晩のご飯タイム以外では、米を食べることがあまりないようです。チョウミンとかモモとか食べたりもしますが、もっとガッツリ食べたい時は、米代わりに「チウラ」というものを食べることがあります。

というわけで今回ご紹介するのがこちら~。

DSC06666

この白いやつがネパールの干飯的な食べ物『チウラ』です。ご飯代わりにして、おかずと一緒に食べることが多いですが、ダヒ(ヨーグルト)に混ぜたりもします。

日本にも干飯ってあるらしいですが、僕は日本では食べたことがありません。なんか戦国時代の携帯食ってイメージがあって、あんまり美味しくない気がしていたんですが・・・ネパールに来て食べてみて、うん、やっぱり僕は好みじゃなかったかな。

チウラは米をつぶして乾燥させたものなので、食感はコーンフレークに近いかな。コーンフレークよりも固いですし、味つけはされてないですが。汁気のあるタルカリか、ダヒと一緒に食べるとまあまあな気がします。じゃないとけっこうアゴが疲れますよ。

ネパール人にとっては普通の食べ物ですが、日本人は好みが別れるかなぁ。ネパール人の家には常備されていることも多いので、ご飯タイムには米がいい?チウラがいい?と聞かれることも。米を炊くのは面倒なので、チウラでいっかと思うこともあります。

乾燥しているため保存が効くということで、ネパールの小さなパサル(お店)にも置いてあることが多いチウラ。僕が住んでいる町でも、量り売りしているところが多いです。

DSC01286

↑ちなみにこれは電器屋さんのカウンターの裏側を撮ったもの。電器屋さんだけどチョコもあればチャウチャウもあり、卵も売っています。そして手前のほうの白い袋がチウラですね。電器屋さんでもチウラが買えるのがネパールのいいところです。

チウラは地元のネパール人が利用するような食堂にもよく置いてあります。特にネワリカジャのレストランに多いかな。ネパールっぽい食べ物だと思いますので、旅行の際にもぜひ一度試してみてください。もし気に入ればご飯代わりの主食になるので、移住後ご飯を炊く手間が省けるかも。

ちなみに僕はチョコレートソースをかけて食べたりもします。ちょっとしたパフェ的なものを作る時に入れる人もいて、デザートの一部にもなる便利なやつです。これもよかったらお試しを♪