僕がネパールとの行き来に利用する中国東方航空では,上海と昆明を経由していきます。上海では浦東空港だったり虹橋空港だったりしますが,今年2014年8月に来た時には浦東空港を利用しました。

中国の国際空港では,基本的に空港のサービスとしてフリーWifiを利用することができます。ただこれ,中国の携帯電話がないと使えないんですよね。ネットを使おうとすると携帯番号を登録する画面が出ますので,番号登録のうえSMSでパスワードを送ってもらい,それを入力したら利用できるようになります。

中国の携帯電話を持っていない僕のような外国人には,空港のWifiは使えない。となると,空港内のレストランのWifiサービスを利用するしかありません。ここではWifiパスワードを教えてもらって入力するだけで,利用できるようになります。

DSC03103

浦東空港では↑のようなレストランスペースが3つほどあります。

DSC03099

今回はこのアイスコーヒーで3時間ほど滞在し,ネットを使わせてもらいました。

ネット使えるのはありがたいですが,高いです。これで45元(約800円くらい)ですよ!足元見てるなぁ。コーヒー代というより,ネットの利用料&場所代みたいなもんですね。ちなみにネットは不安定で遅かったので,本当に使えるかどうかは先に確認したほうがいいかも。

中国語ができなくても,国際空港内のお店では大体英語が通じます。そして,ワイファイ?もしくはワイファイパスワード?という一言だけで分かってくれますので大丈夫です。

トランジットが長い時は,ここで休憩するのがお勧めです。