ネパール定番のカナ(食事)と言えば,ダルバート! ネパール人のほとんどは,ご飯と言えばダルバートなのではないでしょうか。米食文化なところは日本と似ていますね。

ダルバートは各家庭やレストランによって違いはありますが,たとえばこんな感じ。

IMG_20140910_190104

DSC00913

ご飯に豆のスープと付け合わせの野菜などを混ぜて食べます。ご飯と豆のスープがあればダルバートと呼んでいいんだと思います。おかずとして出てくるのは芋とか青菜とかですが,大体煮込んだものですね。味付けは辛かったりしょっぱかったり,いろいろですがカレーと呼ばれます。

DSC00228

これはダルバルスクエアにある観光客向けレストランのダルバート。おっしゃれ~

ネパール人はこれを器用に手で食べます。レストランではスプーンも出してくれますが,ネパールに来たからには手で食べてみると現地になじめるかと! よく手を洗って,スープと付け合わせの野菜を少しずつ混ぜながら食べてみましょう。

ちなみに僕は,レストランなどではスプーンで食べることが多いです。でも友人宅に招かれたら,周りに合わせて手で食べることもあります。最初はけっこう難しいですが,だんだん慣れてきました。手で食べるほうが美味しいような気もしますよ,お試しあれ!