ネパールでは、街のいたる所にカジャを食べられるお店があります。カジャ=ネパールの軽食・おやつは、一日数回食べる人も多く、小腹が空いたらつまむものなので、よく売れるみたいです。

ネパール人の食事は、基本的に一日2回。個人差はありますが、だいたい朝9~10時くらいに朝ご飯で、夜8~9時くらいに晩ご飯です。その合間は、チヤを飲んだりカジャを食べたりします。

僕もネパールでは、日本に居た時と食事のペースが変わります。朝昼晩きっちり決まった時間に3食という日は少なく、その日の予定に合わせてお腹が空いたら食べるという感じです。ネパールではカジャ屋さんがたくさんあるので、軽く何かをつまみつつ動いていることが多いですね。

そんなネパールのカジャ屋さんの様子を写真に撮りましたので、少しご紹介させてください。発展途上国なので日本みたいにキレイなキッチンではないですが(そもそもキッチンと呼べるような場所ではないことも多い)、これを見ておいしそう!と思ったあなたはネパール向きじゃないでしょうか。

まずはドーナツみたいなカジャ『セル』を作っている様子。

DSC00568

女性が左手に持っているのは、ペットボトルを半分に切ったものです。この中に生地を入れておいて・・・

DSC00565

油の中に、器用に円を描くように絞り出していきます。

DSC00563

そして1~2分くらい揚げたところで引き揚げます。

DSC00564

セルをひっかけているのは、その辺で拾ってきたであろう木の棒です(笑)。ネパールではセルとかドーナツとかは、その辺から拾ってきた木の枝を使って引き上げることが多いです。トングなんて使いません。木の枝で十分だもんね!

続きまして、マルプワというモチモチした生地のカジャです。

IMG_0090

こちらはおたまですくって、油の中に落としていきます。

IMG_0093

素早い動作で次々に生地が投入されていて、写真を撮るのがちょっと大変でした。写真の右下に写っているのが、出来上がったマルプワです。そのまま食べたり、カレーと一緒に食べたりします。揚げたてはもっちりしてちょっと甘味があって美味しいんです。

ネパールのカジャは揚げ物が多いので、油の摂り過ぎには要注意です。しかもこういう揚げたお菓子と甘いチヤがけっこう合うので、ついつい食べ過ぎちゃう人もいるみたいです。僕もハっと気づいたら朝昼晩と揚げ物系カジャを食べてた!という日があるので、気を付けなければ・・・。

衛生的に大丈夫?と思う人もいますが、まあ熱を通したものは大丈夫でしょ!と思える前向きというか楽観的な人は、ぜひネパールに来てカジャを食べてみてくださいね。セルやマルプワは10ルピーくらいで食べられます。お店によって微妙に味も違うので、自分の好みの店を見つけていくのも楽しいですよ。

朝晩まだまだ冷え込む季節なので、あったかいチヤと揚げたてほかほかのカジャを食べる日が続きそう~。