リングロード沿いを歩いていましたら,野良牛が道路の真ん中でくつろいでいるのを発見しました。まさにネパールならではの風景!

IMG_20140905_094750

車やバイクが行き交う道の真ん中で,堂々と休憩。

IMG_20140905_094646

2頭が交差する形で座っています。

ネパールではインドと同じくヒンズー教に基づいた文化のため,基本的に牛を食べません。ヒンズーの神様の乗り物だか使者だか神様そのものだか,そんな感じの神聖な生き物だから,らしいです。

でもだからと言って、えさをあげて皆で大切にしてるとかではないんですよね。雌牛は家畜として飼って,牛乳を飲んだりしていますし。恭しく扱っているわけではないようです。

でももちろん危害を加えたりもしないので,牛たちは自由奔放に街中で暮らしています。日本では野良ネコや野良イヌがいたりしますが,ネパールではそれらに加えて野良ウシがいるのです。

じゃあこの野良牛。だれのものでもないというなら,極端な話食べちゃってもいいのかな?とネパール人に聞いてみたら・・・

どうやらネパールでは牛を殺してはいけないという法律があるらしいです。違反すれば何十万ルピーという罰金を取られるとか。食べるのは法律違反とまではいかないものの,殺してはいけない。うーん。なので,そこらの野良牛を捕まえて食べちゃうというのは難しそうです。

しかしさらにネパール人に話を聞くと,どうやらネパールの野良牛を捕まえて一旦インドに連れていき,そこで処理・加工する密輸組織的なグループもいるとかいないとか。なるほど考えたね! 仕入れ値がタダだから儲かるのかなぁ。

というわけで結論は,ネパールの野良牛は食べてもいいけど殺しちゃダメ! 気を付けてくださいね。笑