ネパールは米食文化なので、ほとんどの人はお米が大好きです。食事(カナ)と言えばダルバート、とにかく米がないと食べた気がしないという人がけっこういます。

でも米好きなのは日本人と同じなんですが、米の種類がけっこう違うので、日本人がネパールでご飯を食べるとイマイチ満足できないことが多いんです。ネパールのお米は粘付きが少なく、日本米よりもパサパサした感じになっていると思います。これは日本人好みではないんですよね~。

僕も「ネパールでもおいしいお米の料理があるといいのになー」と思う日本人の一人ですが、ここは割り切って、ネパールの米を美味しく調理したものを食べればいいのです。日本のご飯のようなふっくら柔らかで弾力がある米はないものの、フライドライスなどにすると美味しいものですから、こういうものだと思うしかない。

ネパールの米料理と言えば、ダルバートとフライドライスのほかに、今回ご紹介する『ビリヤニ』があります。辛くないので好き!という外国人もけっこういますので、未食の人は試してみてはいかがでしょうか。

ビリヤニの写真はこちら~。

DSC00731

これはとあるレストランのチキン・ビリヤニ!

要するに味付きのご飯ですから、フライドライスに似てるとも言えます。ただ炒めたわけではなく、ピラフというか炊き込みご飯というかパエリヤというか、何が近いものなんだろう。。。誰か料理に詳しい人、教えてくださーい。

ビリヤニは、お店によってけっこう味が違うのが特徴です。ちょっと注意したい点としては、辛くないことが多いんですが、逆に甘い?ことがあり、苦手な人もいるかも。じつを言うと僕もあまり好きじゃないので、ブログでの紹介が遅くなりました。えへ。

いや、お店によっては美味しいビリヤニもあるんですけどね。どうも香辛料で味付けしてあるんですが、僕が苦手な実?がそのまま入ってることもあって、それはあまり好きじゃないんです。たまに干しブドウとかも入ってますしね。

ポテトサラダに干しブドウやミカンが入ってたり、酢豚にパイナップルが入ってたりするのが好きな人にはいいかもです、ビリヤニ。僕はどちらも苦手でして、しかも甘い系の味付けのご飯というのがあんまり好きじゃないんです。

ただ言い添えておきますが、ビリヤニ大好き!という日本人もけっこういますので、物は試しって感じですね。写真を見ておいしそうだなーと思ったら、ぜひ一度食べてみてくださいな。

ちなみにビリヤニの起源はペルシャにあるらしく、インドに入ってきてスパイシーになり、さらにネパールに来たらちょっと辛さが和らいで・・・みたいに変化してきたそうです。おもしろいですね。

あ、お店によってはネパールのビリヤニも辛いのもあるので、気を付けてくださいね。