今日食事をしたんですが,料金は150ルピーでした。そこで500ルピー札を出すと僕の財布を覗きこんできて(何て失礼な),150ぴったりあるじゃないかそれを出せと文句を言ってきました。こっちも細かいのを持っておきたいので500ルピー札を出したんだよ! でもレストランのほうも,なるべくお釣りは出したくないというわけです。

ネパールでは小さいお店で買い物したりすると,お釣りがないことがあります。定期的に金種をそろえておこうというお店が少ないため,欲しいものがあっても細かいお金がないために買えないこともあります。

また,バスやテンプーに乗る時などは15とか20とかの支払いになりますが,お釣りが出ないようにしたほうが便利。なのでそれに備えて細かい札は常備しておきたいのです。そこでレストランとかでは上記のような攻防戦が繰り広げられます。

今日の食事は結局向こうが折れてくれたものの,お釣りを見ると300ルピーしかない!あと50足りないよ!と言うと,ひとつのお札を指さし,これは150だという返事。でも100って書いてあるじゃん!

それがなんと,インドルピー札だったんですね。これはネパールルピー150の価値があるという主張です。確かにそういう話も聞きますし,レストランなどで使えることもあります。ネパールはインドと深い関係にあるというか,けっこう依存しているので,インドルピーは信用があります。でも外貨はあくまでも外貨。使えない場所も多いのです。

小さいお店ではそんなルール知らないってことで受け付けてくれませんし,けっこう立派なレストランなどもきっちりしているのでダメです。そこそこの規模,そして店主が適当な人だったら使えるという感じですね。

ちょっとしたリスクなので,ちゃんとネパールルピーに交換してもらい,無事にお釣りをもらうことができました。でも珍しいものでもあるので,やっぱり記念にもらっておけばよかったかな?