先週の9月20日にネパールの新憲法が公示されて一週間、ほとんどの地域では特に変化なく日常が過ぎているようです。政府から憲法制定を祝うようにとのお達しがあり、お祭り好きなネパール人はろうそくの灯りをともしたりして祝ったようです。とりあえず大きな暴動などがなくて何より。

このひとつ前の記事で、ネパールの新憲法全文を読めるサイトをご紹介しました。だれか全部読んで日本語訳つけてくれないかなーと思いましたが、法律用語は表現の仕方をちょっと変えるだけで違う意味に取れてしまったりもするので、難しいんですよね。

専門用語をすべて覚えるのは大変ですが、この機会に政治関係のネパール語だけでも覚えておこうと思い立ちましたので、主なものだけですがまとめてみます。これらを覚えてるだけでも、新聞やテレビのニュースを観る時理解度がアップしますよ。

  • 憲法・・・・संविधान
  • 法律・・・・कानून
  • 政治・・・・राजनीति
  • 政治家・・・राजनीतिज्ञ
  • 政府・・・・सरकार
  • 政党・・・・राजनीतिक दल
  • 大統領・・・राष्ट्रपति
  • 首相・・・・प्रधानमन्त्री
  • 大臣・・・・मन्त्री
  • 権利・・・・अधिकार
  • 保護・・・・संरक्षण
  • 愛国心・・・देशभक्ति
  • 選挙・・・・निर्वाचन
  • 立候補者・・उम्मेदवार
  • 税金・・・・कर

ネパールの憲法を読もうと思ったら、このくらいじゃ全然足りないですけどね。こういう政治関係の養護を知っておくだけで、時事問題に関心があるネパール人との会話がはかどるんじゃないかと。まあ、政治について持論があるネパール人ってほとんどおらず、多くの人は自分や自分の街に何をしてくれるかを主に考えているようですが。

そして法律を自分のいいように解釈しようとする人もけっこういます。こういう意味だよって教えてあげたくなる時もありますが、ネパール人は基本的に知ったかぶり&教えたがりが多いので、へーへーと言って聞いてあげるほうがいいかも。

でも読解力は弱くてもネパール語に関してはネパール人のほうが知っているものですから、難しい言葉は周りの人に聞いておきましょう。知らない間に違法行為をして、後で「え~ダメなん!?」みたいなことになったらいけませんからね。

国が違えば「え、これって憲法違反!?」みたいなこともあれば、「え、これってOKなの!?」みたいなこともあるものです。文化の違いっておもしろいですよね。

DSC05962

※「え、マジで!?」のイメージ画像

ネパール語が分かる皆さん、テレビのニュースとか新聞で大事な報道があったらぜひ教えてくださいね。