ネパール人はアクセサリー好きで、女性はもちろん、ほとんどの男性も指輪などのアクセサリーを着けています。ジュエリーショップや職人さんのお店もけっこうあり、けっこう手軽に指輪やピアス、ネックレスなどが手に入ります。

僕は今のところ身に着けてないので今まで縁がなかったんですが、先日たまたま、金のアクセサリーを修理している様子を写真に収めることができました。いい機会なのでアップしておきますね。

DSC00645

こちらはネパールのジュエリーショップ。けっこう田舎のほうにもあります。

DSC00642

修理はこういう装置を使って行なうようです。炭をいっぱい入れて火を起こして・・・

DSC00644

取っ手を回すと風が送り込まれ、火が強くなっていきます。この炭火の中にアクセサリーが投入されています。

DSC00646

金が柔らかくなるくらい熱せられたら取り出して・・・

DSC00648

形を整えていくようです。この棒、何だったんだろう。

金や銀そのものはネパールだからと安いことはないんですが、ネパールは人件費がめっちゃ安い国なので、アクセサリー自体は他の国より安く手に入るんじゃないかと思います。バクタプルのお店では、自分で指定したデバナガリ文字をあしらったシルバーリングが作れたりもして、人気ですね。

ゴールド・シルバーのリングに加え、ネパールでは様々な宝石も安く手に入ります。石の加工も先進国と比べるとかなり安くできますのでお勧めです。僕の知り合いで、オーダーメイドのアクセサリーを作ってくれるネパール人がいますので、いつかブログにも書きますね。

オーダーメイドのアクセサリーを作ってもらっている日本人の友達ももけっこういます。自分でデザインした指輪とかピアスとかも作れるので、センスがある人はぜひ試してみてください。僕はまだ作ったことがないんですが、そろそろ指輪デビューしようかなぁ。カトマンズではほとんどのネパール人男性が指輪してますからね!