知ってる人は知っていることですが,ネパールは停電大国。聞いた話によると,インドに電気を売って収入にしているそうです。そのためネパール国民(+滞在中の外国人も)は,平均して一日の半分くらいは停電状態を強いられています。お祭りの時などは政府もサービスするのか,一日中停電しなかったりするので,電気がないわけではないようなんですが。

それでも電気が比較的ある時期とそうでない時期があります。というのはネパールの発電は基本的に水力発電。年中雪をかぶっているヒマラヤ山脈を始めとする山々から流れる水を利用して,発電しています。乾季でも水が途絶えることはないので電気もなくなりはしないんですが,やはり雨季のほうが発電量が多いようです。

今は雨季の終わりごろ。比較的電気があるほうなので,一日の停電時間は7~9時間ほどです(曜日やエリアによって少し違います)。一応前もって停電スケジュールが発表されて,それに沿って電気が停まっています。予定通りでないことも,よくありますけどね!

まあある程度は計画通りなので,それに合わせて生活リズムを調整すればいいんですが,今日みたいに20~23時半まで停電,みたいな日はちょっと困りますね。8時には真っ暗になるので,夜できることが限られてしまいます。

ちなみに夜レストランに行くと停電中のことがあります。わずかな明かりはあるので食事には困らないんですが,写真撮っても美味しくなさそう~。このスプリングロールも美味しかったんですけどねぇ。

IMG_20140830_190640