カトマンズを離れしばらく田舎で生活してみると、今まであまり使ったことがなかったネパール語が必要になります。人々の生活の様子や仕事内容が少し違うので、田舎ならではの単語を学ぶようになりました。

農家の人と話をしたり、自然の生き物を観察したり、のんびり田舎生活を楽しみつつネパール語も上達したらいいなーと思っています。でも自分にとって新しいネパール語の単語って、使わないと覚えられないんですよね。どんどん地元の人と会話しなきゃなぁ。

たとえば今までネパールで見かけることがなかった、カニ。先週川の近くで発見し、写真に収めることができました。お腹に小さなカニの赤ちゃんを抱え、警戒心たっぷりな様子をどうぞご覧ください。

DSC00299

でもカニを見かけてまず思ったのは「これ食べれるかな?」でした(笑)。だってカニなんてもう1年以上食べてないもので・・・。川にいるカニでも、沢蟹なら素揚げや天ぷらにして食べれますよね。こいつはどうなのかなぁ。今回は赤ちゃんカニに免じて捕まえませんでしたが、次見かけたら分からんよ?

カニはネパール語で「गँगटो(ガァガト)」といいます。ちなみに海老を調べてみると「प्राउन(プラウン)」だそうですが、ネパールの川にもエビがいるんだろうか。川エビだったら食べれるかなーと考えてしまうあたり、だいぶ海産物に飢えてるなぁ。

僕が今住んでいるのはネパールのタハ市という所らしいんですが(最近地名を知ったというか思い出したというか。市って広いんですけどね)、ここは農業が盛んな街です。というより農業しかないと言ったほうが正しいのか。少し前までジャガイモの収穫が一斉に行なわれていましたが、今はキャベツやカリフラワーの収穫、そして次の作物の種まきなどが行なわれています。

DSC00483

田舎に行くと農業用語を使う必要がありますので、最近勉強した言葉を色々ご紹介しておきますね。ぜひネパールの田舎で使ってみてください。

  • 自然・・・प्रकृति(プラクリティ)
  • 農民・・・किसान(キサン)
  • 畑・・・・बारी(バリ)
  • 田んぼ・・खेत(ケェト)
  • 種・・・・बीउ(ビウ)
  • 苗・・・・बिरुवा(ビルワ)
  • 蒔く・・・छर्नु(ツァルヌ)
  • 耕す・・・खनजोत गर्नु(カンジット ガルヌ)
  • 植える・・रोप्नु(ロプヌ)
  • オクラ・・रामतोरियाँ(ラムトリヤァ)
  • ゴーヤ・・करेला(カレラ)
  • トンボ・・गाइनेकीरा(ガイネキラ)
  • 蚊・・・・लाम्खुट्टे(ラムクッテ)
  • ホタル・・जूनकीरी(ジュンキリ)
  • チョウ・・पुतली(プタリ)

ほんとはもっと色々覚えたい単語、紹介したい単語があるんですが、まだまだデバナガリ文字をキーボードで打つことに慣れてなくて大変なので、このへんで。ネパール語勉強中の皆さん、お互いがんばりましょう~。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ネパール [ 野津治仁 ]