ネパールは、アジアの発展途上国の中でも日本食が美味しいことで有名です。海外で日本食レストランに行くと、いわゆる「なんちゃって日本料理」が多いものです。和食をベースにしているものの、現地の人の好みに合わせてアレンジされているため、観光や留学に来ている日本人が懐かしく思う味ではないのです。

でもネパールの和食系レストランは、期待を裏切りません。カツ丼や天丼などの丼モノ、焼肉定食や味噌炒め定食、麻婆豆腐とかナスの揚げびたし、出し巻き卵などなど、僕のお気に入りメニューがたくさんあります。

日本人向けのカレー屋さんなんかもありますが、とにかく日本人好みの味に調えてあるのがいいんです!日本人が好きな薄味、日本人が好きな甘辛さ、ネパールでたまに味わうとじーんときます。これは他の後進国では中々味わえないものです。

ま、僕はネパール以外の外国で日本食レストランに行ったことはないですが(笑)。何かそんな話をよく聞くので、ネパールって恵まれてるんでしょう(つまり知ったかぶり)。

ネパールの日本食系レストラン、桃太郎、絆、こてつ、ロータス、おふくろの味などが有名ですが、僕がガイドブックで見たことがなかったお店をご紹介しますね!その名も『JFK』と言い、パタンにあります。

DSC08026

この建物の2階で、カランキからパタン方面に向かっているリングロード沿いにあります。北から来る場合、道路の左側(リングロードの内側)で、パタンの動物園より少し手前になります。(動物園に行くなら、ここから歩いて15分くらい)

DSC08027

『JFK』とは、Japanese noodles kitchinの略です。看板やメニューは日本語と韓国語でも書かれていて、日本人のみならず韓国人のお客さんも多く訪れるようです。

DSC08031

↑メニューはこちら。暑い日に食べたくなる「冷やしぶっかけ系」や「ざる」もあれば、寒い季節にたまらない「鍋焼き系」や「焼うどん系」も充実しています。値段は300~500ルピー前後(Taxあり)で、手ごろなお値段ではないでしょうか。

では、気になる料理の写真をご紹介しましょう!

 

DSC08038

まずは天ざるうどん。野菜のかき揚げがサクサクで美味しかったです。手打ちのうどんはしっかりコシがあるタイプで、四国出身の僕の好みにもぴったりでした♪ ちなみに海老の天ぷらなどを追加することもできます。

 

DSC08034

続きまして、冷やし肉うどん。夏に食べたくなるメニューですが、まさかネパールで食べられるとは!さっぱりだけどしっかり旨みのあるツユが、まさに日本の味です。

 

DSC08033

鍋焼きうどんはこんな感じです。こんな鍋を取り寄せているんですね、ぐつぐつ煮詰まったうどんとたっぷり具材が、食欲をそそります。ネパールで海老を食べられるというのもポイント高いですね。冬にまた来たいなぁ。

 

DSC08039

そして、僕はここのそばも好きなんです!細くちゅるりとしたそばは、のど越し最高!下手なそばだともっさり感がありますが、ここのそばはそんなことありませんでした。そばの香りもしっかりしていて、日本で食べるような味です。やっぱり打ちたてはウマイ!

 

DSC08035

サイドメニューとして、たこ焼きもありました。手作りの甘辛ソースが何ともいえない美味しさです! そうそう、次ネパールに来る時、たこ焼き器も持ってこようなかと思いました。重いけど、何とかなるかな。。。

 

パタンのうどん屋さん『JFK』は営業時間が午前11~午後5時で、日曜が休日です。長く留学や仕事でネパールに滞在している日本人にとって、懐かしい味に出会えることと思います。毎日手打ちされているうどんやそばを堪能できますから、しょっちゅう通っている人も多いようです。

カトマンズからは少し離れたところにありますが、パタン観光の行き帰りなどに、ぜひ訪れてみてくださいね。