じつはネパールに来て一人暮らしを始めてからずっとやりたかったのが、バーベキューです。野外でヤギとか鶏をを丸ごと捌いて・・・みたいなのもいつかやりたいんですが、とりあえずは借りた家にベランダもあるし屋上も使えるので、七輪かそれに近いものを買って、ちまちま焼き鳥を食べながらビールを飲む!みたいなことをしたかったんです。

でもカトマンズって常に土ぼこりが吹き荒れているか雨が降ってる街なので、今までなかなか良いタイミングがなかったんですよね。そしてどうやらネパールには七輪的なモノもないようで、どうしよっかなーと考えているうちに1年近く経ってしまったという。

でも今週やっと、カトマンズの喧騒から離れた田舎町でバーベキューを実行できました!ここは空気がきれいですし、 小じんまりしたものですがちょうどいい道具が揃ったので、これから何度でも楽しめそうです。

そうそう、じつは僕は今、カトマンズ外の田舎町の友達の家を借りて住んでいます。何だかんだ週一くらいのペースでカトマンズに戻ったりもしていますが、この田舎の友達の家がとても快適で平和な生活を楽しんでいるので、こっちにいる時間のほうが長くなってますね。

日本だったらホームセンターに行けば一度でバーベキューセットって揃っちゃうと思いますが、ネパールではそのための道具を揃えるだけで一苦労です。カトマンズ以外ではなおさら、手に入るモノが限られてしまいますし。

でも今回いろいろお店をまわり、七輪代わりの「チュロ」という道具を手に入れることができました。辞書で調べてみると、「チュロ」とはネパール語で「かまど」という意味だそうです。持ち運びできるかまどってとこでしょうかね、チュロの写真はこちらです。

DSC09767

錆びついたチュロしか売ってなかったんですが、これがひとつ500ルピー。サイズによって値段が違います。今回買ったサイズは2~3人で焼肉とかするのにちょうどいい感じですかね。ガスを使わない田舎の人は、これでご飯もタルカリも全部作っています。

鉄製の串も買ったんですが、これもサビがひどかったので一晩酢につけたうえでゴシゴシ洗って錆を落としまして。上に載せる金網はまた別のお店で買ったもので、メートル単位で売っている大きな網を「30センチ分だけくれ」と言って売ってもらいました。

燃料にする薪は近所の大工さんの作業場からもらってきたものです。ネパール人は山に行って切ってきたり拾ってきたりしますが、雨季の今は湿った木しかないし山に行くのもめんどくさいので、お手軽に手に入るところから友達がちゃっかりもらってきてくれました。

DSC09771

ぼおっと火がついてからは、野菜や肉がどんどん焼けていきます。手作りの焼肉のタレをつけて食べる肉が、何ともうまい! ネパールでは牛肉が手に入りにくいので今回は鶏肉メインで焼きましたが、醤油ベースのたれも味噌ベースのたれも美味しくできて、大満足でした♪

でも次来る時は焼肉のタレも持ってきたいですね。そして何とかして牛肉も手に入れたい。カトマンズなら、バトバティーニとかで冷凍牛肉も手に入るのでそれを使ってもいいかも。もしくはバフ肉を柔らかく美味しく焼肉にする方法を研究すべきか・・・

次は昼間から、青空のもとバーベキューをしてもいいなぁ。いま使わせてもらっている友人宅は3階建ての家の屋上部分にあたる部屋なので、天気が良い日に屋上に出るとほんと気持ちいいんです。ここでのんびり好きな音楽をかけながら焼肉してビール飲んで・・・8月はそんな日が増えそうです、いろいろ夢が膨らみます。

よし、明日カトマンズに戻って必要な食材を買い込むことにします! 皆さんも熱中症とかに気を付けつつ、夏を楽しんでくださいね~